Dropbox デスクトップ アプリで共同作業をさらに簡単に

はい、企業の大切なファイルを安全に保存する場所として Dropbox をご利用いただけます。管理者はもちろん、チーム メンバー全員で時間の節約を実現できます。Dropbox 機能は散らばった書類の整理や作業にかかる時間を節約できるように設計されているため、スムーズな作業を可能にします。

その中でも、もっとも重要な機能の 1 つは Dropbox デスクトップ アプリケーションです。

デスクトップ アプリは Windows、Mac、Linux のパソコンに対応しています(スマートフォンで実行するモバイル アプリに似ています)。優れた機能を多数ご提供していますが、デスクトップ アプリはご利用のハード ドライブに Dropbox フォルダをインストールするようになっています。このフォルダはパソコンにある他のフォルダと同じように動作しますが、大きな違いが 2 つあります。

  • Dropbox フォルダに保存したファイルは Dropbox でバックアップされます。
  • Dropbox アカウントとリンクしているパソコン、スマートフォン、タブレットなどで自動的にファイルにアクセスできます。

早速始めましょう!

1. アカウントを作成する

Dropbox Busuiness チームへの招待メールが届いていると思いますので、開始するにはメールに記載されているリンクをクリックし、画面に表示される指示に従って操作してください。メールを受信していない場合や再送が必要な場合は、貴社の IT チームまたは Dropbox Business の管理者にお問い合わせください。

プロのヒント:同期

Dropbox を使用していると「同期」という言葉が頻繁に出てきます。ここでの同期とは、ファイルの同じバージョンを Dropbox アカウントにログインしているすべてのデバイスで閲覧できるようにすることを意味しています。Dropbox フォルダドラッグしたファイルはオンラインで Dropbox に自動的に同期されます。このフォルダにあるファイルの変更や編集した内容も Dropbox と同期されます。

2. Dropbox デスクトップ アプリを開く

アカウントの作成が完了したら、Dropbox デスクトップ アプリを開始(または「起動」)します。場合によっては、アプリがご利用のパソコンにすでにインストールされていることもあります。まだの場合は、アプリをダウンロードしインストールしてください。

デスクトップ アプリがすでにインストールされている

ご利用のパソコンにデスクトップ アプリがすでにインストールされている場合は、パソコンのアプリケーション リストまたはデスクトップ画面にアイコンが表示されます。どちらかのオプションが表示されている場合は、いずれかのアイコンをダブルクリックしてアプリを起動し、このガイドのステップ 3 に進んでください。

デスクトップ アプリがまだインストールされていない

ご利用のパソコンにまだデスクトップ アプリをインストールしていない場合は、アプリをダウンロードする必要があります。ダウンロードには 3 つの方法があります。

アプリのダウンロードが完了すると、パソコンのアプリケーション リストまたはパソコンのデスクトップ画面にアイコンが表示されます。アイコンをダブルクリックしてアプリを起動し、このガイドのステップ 3 に進んでください。

プロのヒント:自動操作

デスクトップ アプリは背景で実行し、ファイルを自動的に同期します(ご利用のパソコンがオンラインになっている場合に限ります)。そのため、手動でファイルをアップロードまたはダウンロードする必要がありません。

3. ログイン

アプリのダウンロードが完了すると、ハード ドライブにDropbox」フォルダが表示されます([Start]メニュー、[Finder]ビュー、その他のファイル ビューアで検索できます)。システム トレイまたはメニュー バーにも Dropbox アイコンが表示されるようになります。アプリをクリックして起動したらログインします。

Dropbox Business への参加時に使用したメール アドレスとパスワードでログインしてください。ログインすることで、ご利用のパソコンが Dropbox アカウントと「リンク」されます。ログインが完了したら、このガイドのステップ 4 に進んでください。

  • ヒント2 段階認証コードの入力が必要な場合もあります。サポートが必要な際は貴社の IT チームまたは Dropbox Business の管理者にお問い合わせください。

プロのヒント:クイック インストール

Dropbox をすでにご利用の場合は、スマートフォンで QR コード リーダーを使用してデスクトップ設定を完了することもできます。 

パスワードの入力欄が表示されない

パスワードの入力欄が表示されない場合は、チーム管理者シングル サインSSO)を有効にしたことが考えられます。その場合は、次のステップに従って Dropbox にアクセスしてください。企業ネットワークまたはその他の企業ツール(Active Directory など)でのログインに使用するユーザー名とパスワードを使用してください。

  1. Dropbox デスクトップ アプリを開きます。
  2. Dropbox アカウントをすでに持っています]を選択し[続行]をクリックします。
  3. メール アドレスを入力し、パスワード欄は空白のままにします。
  4. 続行]をクリックします。
  5. リンク コードを取得]をクリックします。
  6. まだ企業の SSO ページにログインしていない場合は、ウェブ ブラウザが開きログイン画面が表示されます。メール アドレス、会社用のパスワード(Dropbox のパスワードではなく)、会社が定めているその他の情報を入力します。
  7. 特別なコードが表示されている Dropbox のページが開きます。[リンク コードをコピー]をクリックします。
  8. Dropbox アプリに戻り[貼り付ける]をクリックします。
  9. 続行]をクリックして、手順に従い Dropbox アカウントのリンクを完了します。

4. ファイルを追加する

パソコンから Dropbox にログインすると、アカウントにすでにフォルダが表示されていることがあります。各フォルダの異なるアイコンはそのフォルダの種類を表しています。このフォルダはハード ドライブにある他のフォルダと同じように使用できます。

フォルダには次の 4 種類があります。

 

チーム フォルダ (チーム スペースにあるフォルダ)です。 このフォルダは Dropbox Business チーム全体または一部で共有されていて、管理者の管理下にあることを意味しています。このフォルダはチーム外のユーザーと共有することも可能です。

 

個人用フォルダ(またはチーム メンバー フォルダ)です。チーム メンバー フォルダはデフォルトで他のユーザーと共有されないようになっていますが、必要に応じて共有することも可能です。

ブルー フォルダ

 

通常のフォルダです。このフォルダはパソコンにある他のフォルダと同じように動作します。ファイル整理に適していますが、他のユーザーとは共有されていません。

 

2 人のユーザーが描かれているブルー フォルダ

 

共有済みフォルダです。必要に応じて通常のフォルダを共有フォルダにすることができます。共有フォルダのメンバー(フォルダの共有相手)は、そのフォルダ内にあるファイルを閲覧、コメントの追加、編集することができます。

注:こうしたフォルダのアイコンは閲覧している場所によって表示が異なります。このアイコンは Dropbox ウェブサイト(dropbox.com)からのものです。

こうしたフォルダにファイルを追加する方法は 2 つあります。

  • パソコンの別の場所からドラッグ & ドロップする(または Dropbox 内の別のフォルダから)
  • ファイルを開き[名前を付けて保存]をクリックし Dropbox に保存する

5. モバイル アプリをダウンロードしてスマートフォンまたはタブレットとアカウントをリンクする

Dropbox フォルダ内のファイルは Dropbox アカウントとリンクしているパソコン、スマートフォン、タブレットからアクセスできます。スマートフォンやタブレットに Dropbox アプリを入れている場合は、ビジネス用アカウントにログインするだけです。まだ他のデバイスにアプリを入れていない場合は、下記からダウンロードできます。

プロのヒント:複数のデバイスからアクセス

アカウントとリンクしているすべてのデバイスで作業内容を同期できます。パソコン、スマートフォンまたはタブレットで使用しているユーザー名とパスワードを使用して Dropbox にログインすれば、常に同じバージョンのファイルを見ることができます。

初めてモバイル アプリをご利用になる場合は、アプリを起動しビジネス用アカウントで使用しているユーザー名とパスワードでログインしてください。すでに Dropbox を使用している方は、次のステップを実行してください。

  1. Dropbox アプリを開きます。
  2. Dropbox のユーザーです]をタップします。
  3. メール アドレスを入力してください。パスワード欄は空白のままにして[Dropbox にログイン]をタップします。
  4. 企業のデバイス管理ページにログイン済みの場合、アプリは自動的に起動します。まだの場合は、ブラウザ ウィンドウが表示され続行の指示が出ます。メール アドレス、会社用のパスワード(Dropbox のパスワードではなく)、その他の必須情報を入力します。
  5. 企業が SSO を使用している場合は、ブラウザで新しいページが表示され、アプリに SSO の使用を許可するようリクエストされます。[許可]をタップします。
  6. 残りのアプリ設定の手順に沿って完了します。

6. 個人用アカウントをリンクする

Dropbox Business チームの管理者が、会社のパソコンで Dropbox 個人用アカウントのリンクを許可することもあります。その場合は同じデバイスで個人用とビジネス用のファイルにアクセスできます。

  • ヒント:管理者がこれを許可していない場合は Dropbox ウェブサイト(dropbox.com)からビジネス用と個人用のアカウント両方にアクセスすることができます。

個人用アカウントとビジネス用アカウントのリンクが完了すると、ハード ドライブまたはモバイル アプリに 2 つの「Dropbox」フォルダが表示されます。ビジネス用アカウントは Dropbox(企業名)、個人用アカウントは Dropbox(個人)として表示されます。

プロのヒント:オフライン アクセス

オフライン状態でもパソコン上の「Dropbox」フォルダにあるファイルにアクセスできます。 これは、ファイルのコピーがハード ドライブに保存されているためです。オフライン状態でファイルを編集すると、次回オンラインになった時に Dropbox が変更内容を同期します。

7. Dropbox を使い始める

これまでのステップで Dropbox のインストールを完了し、すべてのデバイスでログインを済ませ、重要なファイルを追加しました。これで、Dropbox を使用してクリエイティブにアイデアを実現する準備ができました。

他に質問はありますか?アイデアや質問につきましては、お客様の Dropbox Business チーム管理者にお問い合わせください。

Dropbox Business チームの管理者を検索する

 

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。