Dropbox Paper ドキュメントで書式設定をする方法

Paper ドキュメントで書式設定するには、編集するテキストをハイライト表示します。書式設定ツールバーでは、次の書式を設定できます。

  • 太字
  • 取り消し線
  • ハイライト
  • リンクを作成
  • ヘッダー(大)
  • ヘッダー(中)
  • 箇条書きを作成
  • To-do リストを作成
  • コメントを追加

注:斜体や下線など書式設定オプションの一部は、キーボード ショートカットでのみ使用できます。すべてのキーボード ショートカットを記載したリストを確認するには、Paper ドキュメントの右下にあるキーボード ショートカットのボタン(キーボードのアイコン)をクリックしてください。

Dropbox をまだご利用いただいていない場合は、プロジェクトが楽しくなる Dropbox の絵文字についての記事をご覧ください。

Dropbox Paper でスペル チェックはできますか?

Dropbox Paper にスペル チェック機能は搭載されていません。ブラウザにスペル チェック機能が内蔵されていれば、その機能を使用してください。スペル チェックをオフにするときは、ブラウザの設定でオフにしてください。

テキスト ブロックの書式設定をする方法

キーボード ショートカットを使用して、テキスト ブロックの書式を設定できます(例:箇条書きを番号付きリストに変更する)。書式設定のキーボード ショートカットをすべて記載したリストを確認するには、Paper ドキュメントの右下にあるキーボード ショートカットのボタン(キーボードのアイコン)をクリックしてください。

Dropbox Paper モバイル アプリでテキストの書式設定をする方法

  1. Paper モバイル アプリを開きます。
  2. 書式設定を使用する Paper ドキュメントを開きます。
  3. 新しい行をタップするか[編集]をタップすると、キーボードの上に書式設定オプションが表示されます。
この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。