Dropbox 巻き戻し機能のよくある質問

Dropbox 巻き戻し機能は共有フォルダのメンバーに影響しますか?

はい、巻き戻し機能で行われた変更は共有フォルダのメンバー全員に対して反映されます。

巻き戻しの後でいくつかの変更を元に戻したい場合は?

ファイル数件を元に戻したい場合は、次の 2 つのオプションがあります。

バージョン履歴の枠外に巻き戻せますか?

Dropbox 巻き戻し機能はバージョン履歴の枠外に巻き戻すことはできません。 

正しいファイルやフォルダが見当たらない場合は?

巻き戻しの後で正しいファイルやフォルダが見当たらない場合は、そのコンテンツが Dropbox 巻き戻し機能の復元に対応していない可能性があります。次に該当しているかご確認ください。

ファイルがまだ暗号化されている理由は? 

次の場合はファイルがまだ暗号化されている可能性があります。

  • ご利用のデバイスと復元したファイルを dropbox.com で同期していない
  • リンク解除後にデバイスを再リンクしていない
  • デバイスの再リンクを行う前に Dropbox フォルダを削除しなかったため、暗号化済みのファイルが再びアップロードされている

デバイスを整理してから、暗号化前の時点まで再び巻き戻しを行うことをおすすめします。ファイルが暗号化されている場合の対処方法をご覧ください。 

ファイルやフォルダを新しい場所に移動できますか? 

Dropbox 巻き戻し機能は既存の場所でのみファイルやフォルダを復元することができます。 

ファイル名に表示されている「restored」「restore conflict」とは?

次に該当する場合、ファイル名に「restored(復元済み)」や「restore conflict(復元の競合)」と追加されることがあります。

  • Dropbox が復元している間にファイルを変更した場合
  • Dropbox が復元している間に同じファイル名で保存したファイルを追加した場合

編集を保存するため、Dropbox が復元したバージョンにはファイル名に「restored」または「restore conflict」と追加されます。両方のファイルを比較し、不要な方を削除できます。 

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。