多要素認証

多要素認証(2 段階認証と 2 要素認証も含む)を使用することで、アカウントのセキュリティをもう一段階強化できます。この機能をオンにすると、チーム メンバーが各自のアカウントにログインしたり、新しいパソコン、スマートフォン、タブレットをリンクしたりする際に、ユーザー名とパスワードのほかに 6 桁のセキュリティ コードが必要となります。コードは、テキスト メッセージでスマートフォンに送信するか、Google 認証システムDuo Mobile などのモバイル アプリを使用して生成できます。さらに、Dropbox では 2 段階認証に 6 桁のコードではなく、セキュリティ キーを使用するオプションも用意しています。セキュリティ キーは使いやすく、フィッシング攻撃に対する保護が強化されます。

管理者の方は、2 段階認証の使用をチームに義務付けることができます。これにより、デバイスの紛失または盗難があった場合や、パスワードの漏洩が生じた場合でも、会社のデータを安全に保護することができます。


SSO

Advanced または Enterprise プランのチーム管理者の場合、シングル サインオン(SSO)を有効にすることができます。SSO を有効にすると、チーム メンバーは Dropbox へのアクセス用に別のパスワードを覚える必要がなくなります。

多要素認証を設定する

自分のアカウントで多要素認証を有効にする

1. dropbox.com にログインします。

2. アバターをクリックします。

3.[設定]を選択します。

4.[セキュリティ]タブを選択します。

5.[2 段階認証]をオンにします。

- [セキュリティ]タブに[シングル サインオンで管理]が表示されている場合は、チームがシングル サインオン(SSO)を使用していることを意味しています。その場合は Dropbox で 2 段階認証をご利用いただけない可能性があります。

6.[使ってみる]をクリックします。

7. パスワードを再入力します。

8. セキュリティ コードを受信する方法(テキスト メッセージまたはモバイル アプリ)を選択します。[テキスト メッセージを使用する]または[モバイル アプリを使用する]をクリックし、表示される手順に沿って設定します。

9. セキュリティ コードを入力してセットアップを完了します(セキュリティ コードは、設定したご希望の方法に応じてテキスト メッセージまたは認証アプリで送信されます)。

10.[次へ]をクリックします。

:確認コードの受信に認証アプリを使用する場合は、メインの電話番号とバックアップ用電話番号を追加してください。

2 段階認証の詳細はこちらをご覧ください。

チームに 2 段階認証を要求する

Dropbox Business のチーム管理者は特定のチーム メンバーまたは全員が 2 段階認証を使用するように設定できます。管理コンソールまたは ID 管理プロバイダ(シングル サインオン(SSO)を使用している場合)から設定してください。チーム メンバーは各自のアカウントで 2 段階認証を有効にする必要がありますが、Dropbox Business 管理者はメンバーに 2 段階認証を有効にするよう要求でき、その後は有効にした状態を維持することができます。

     1. 管理者のアカウント情報を使用して dropbox.com にログインします。

     2.[管理コンソール]をクリックします。

     3.[設定]をクリックします。

     4.[認証設定]で[2 段階認証を要求する]チェックボックスをオンにします。

     5. 特定のチーム メンバーまたはチーム メンバー全員に対して 2 段階認証を必須にするか選択します。

     6.[確認]をクリックします。

     7.[特定のメンバーに要求する]を選択した場合は、2 段階認証を必須にするメンバーのメール アドレスを入力して[続ける]をクリックします。

2 段階認証の管理者設定については、こちらをご覧ください。