iOS 版 Dropbox アプリが位置情報データを必要とする理由

iOS 版 Dropbox アプリがご利用のデバイスの位置情報データを使用することはありません。ただし、カメラアップロードのバックグラウンド アップロードを有効にすると、アプリはデバイスの位置情報サービスへのアクセス許可をリクエストします。バックグラウンド アップロードをオンにすると、Dropbox アプリを閉じた状態でも Dropbox に写真を定期的にアップロードします。デバイスの位置情報の変更などにより、バックグラウンド アップロードが実行されることがありますが、これはカメラ アップロードをより効率的に行うことを目的とするものであり、位置情報を収集することはありません。

Dropbox のバックグランド アップロード機能は Apple の位置情報サービスの低電力バージョンを使用するようになっています。アップロードする写真の待ちリストが多数ある場合は、アプリの電力消費量が高くなることがありますが、処理が完了すると写真のアップロードでバッテリーにかかる負担は最小限になります。

詳しくはこちら

iOS 位置情報サービスとは

アプリがいつ位置情報サービスを使用しているかの確認、位置情報設定のリセットまたは変更方法、iOS の位置情報サービスの詳細については、Appple のサポート記事にある位置情報サービスについてをご覧ください。

Apple の API リファレンス

iOS デベロッパーや技術的知識の高いユーザーは、Apple のデベロッパー向けドキュメントで Dropbox が iPhone や iPad フォト ギャラリーにアクセスする際に使用する API ライブラリの詳細をご覧ください。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。