Dropbox Paper ドキュメントをアーカイブまたは復元する

2017 年 6 月 1 日以前にアーカイブされた Paper ドキュメントは、Paper の[削除済み]タブに移動されます。[アーカイブ]タブには残りませんのでご注意ください。

今回の変更について

Resource dumped by HtmlRendererServlet

Resource path: /content/dropbox/www/ja-jp/help/paper/archive-restore-doc/jcr:content/root/c25_two_column_artic/par/responsivegrid/h03_article_text_pla_1453710528

Resource metadata: {sling.modificationTime=-1, sling.characterEncoding=null, sling.parameterMap={}, sling.contentType=null, sling.creationTime=-1, sling.contentLength=-1, sling.resolutionPath=/content/dropbox/www/ja-jp/help/paper/archive-restore-doc/jcr:content/root/c25_two_column_artic/par/responsivegrid/h03_article_text_pla_1453710528}

Resource type: nt:unstructured

Resource super type: -

Resource properties

jcr:primaryType: nt:unstructured
jcr:mixinTypes: [cq:LiveRelationship]
cq:lastRolledout: java.util.GregorianCalendar[time=1553770064041,areFieldsSet=true,areAllFieldsSet=true,lenient=false,zone=sun.util.calendar.ZoneInfo[id="GMT-07:00",offset=-25200000,dstSavings=0,useDaylight=false,transitions=0,lastRule=null],firstDayOfWeek=1,minimalDaysInFirstWeek=1,ERA=1,YEAR=2019,MONTH=2,WEEK_OF_YEAR=13,WEEK_OF_MONTH=5,DAY_OF_MONTH=28,DAY_OF_YEAR=87,DAY_OF_WEEK=5,DAY_OF_WEEK_IN_MONTH=4,AM_PM=0,HOUR=3,HOUR_OF_DAY=3,MINUTE=47,SECOND=44,MILLISECOND=41,ZONE_OFFSET=-25200000,DST_OFFSET=0]
cq:lastRolledoutBy: smartling-touch-connector

Paper ドキュメントの作成者や編集者はドキュメントをアーカイブできます。アーカイブすると、ドキュメントは読み取り専用になります。ドキュメントを共有していたユーザーは、閲覧はできますが、編集やコメントはできなくなります。また、ドキュメントの作成者はアーカイブしたドキュメントを復元、削除、完全に削除することもできます。

ドキュメントをアーカイブする

ドキュメントの作成者または編集者は、そのドキュメントをアーカイブできます。ドキュメントをアーカイブした後も共有中のユーザーはアクセスできますが、ドキュメントは読み取り専用となるため、編集やコメントはできなくなります。

  1. 閲覧中のドキュメントで[...]アイコンをクリックします。
  2. アーカイブ]をクリックします。

アーカイブしたドキュメントをすべて見る

  1. 左上にある[ホーム]をクリックします。 
  2. ファイル リスト上部にある[ドキュメント]をクリックします。  
  3. 右側の[最近閲覧したアイテム]をクリックし[アーカイブ済み]を選択します。 アーカイブしたすべてのドキュメントのリストが表示されます。

アーカイブ済みドキュメントに関する注意事項:

  • ドキュメントに対して指定されている権限がコメント可能の場合、そのドキュメントをアーカイブすることはできません。また、ドキュメントへのアクセス権を削除してほしい場合は、作成者に連絡してください。
  • ドキュメントをアーカイブすると、共有中のユーザーに通知されます(通知が届くのは Dropbox Paper からのメールを受信するように設定しているユーザーのみです)。
  • ドキュメントを共有しているユーザーは、アーカイブ後もドキュメントの検索や閲覧ができます。

アーカイブしたドキュメントにメモを追加する

アーカイブしたドキュメントは読み取り専用です。ドキュメントの上部に、誰がアーカイブしたかを示すバナーが表示されます。ドキュメントに関するメモもこのバナーに追加できます(メモを追加できるよう設定が必要です)。メモを追加する方法は次のとおりです。

  1. メモを追加]をクリックします。
  2. メモを追加します(リンクやテキストなど)。
  3. 保存]をクリックします。

注:Paper 内のフォルダに保存されていたドキュメントは、同じフォルダの[アーカイブ]タブにあります。

ドキュメントを復元する

アーカイブや削除したドキュメントは、復元することができます。ドキュメントを復元すると、アクセス権を持っていたユーザー全員にそのドキュメントが復元されます。アーカイブしたドキュメントを復元する方法は次のとおりです。

  1. Paper]にログインします。
  2. ドキュメント]をクリックします。
  3. アーカイブ済み]または[削除済み]をクリックします。
  4. 復元するドキュメントを選択します。
  5. 表示された[復元]ボタンをクリックします。

ドキュメントを削除する

ドキュメントの作成者は、いつでも削除することができます。削除したドキュメントは Paper の[ゴミ箱]に移動します。Basic(無料版)や Plus のユーザーが削除したドキュメントは 30 日間保存されます。Professional や Business ユーザーが削除したドキュメントには 120 日間アクセスすることができます。エクステンデッド バージョン履歴を過去に購入した Dropbox Plus ユーザーは、1 年間以内であればファイルを復元することができます。 ゴミ箱の中の Paper ドキュメントは、保存期間が終了すると完全に削除されます。

ドキュメントを削除するには:

  1. 閲覧中のドキュメントで[...]アイコンをクリックします。
  2. 削除]をクリックします。

削除済みドキュメントに関する注意事項:

  • ドキュメントを削除しても、共有中のユーザーには通知されません。
  • ドキュメントを削除した後は、そのドキュメントのリンクをクリックしたユーザー全員に「このファイルは削除されました」というメッセージが表示されます。

2017 年 6 月 1 日以前にアーカイブしたドキュメントに関する注意事項

2017 年 6 月 1 日以前にアーカイブした Paper ドキュメントは、Paper の[削除済み]タブに移動します。[アーカイブ]タブには残りませんのでご注意ください。

これまで Dropbox Paper には簡単にドキュメントを削除する方法がありませんでした。そのため、ドキュメントを削除したいときは、多くのユーザーが[アーカイブ]を使ってリストからドキュメントを削除していました。そこで、Paper では削除するためのオプションを追加し、アーカイブ済みのすべてのドキュメントを[削除済み]リストへと移動します。

保存しておきたいドキュメントが[削除済み]リストに移動されていても、簡単に[アーカイブ]リストに戻せますのでご安心ください。

ドキュメントを完全に削除する

削除済みドキュメントは、所有者が完全に削除できます。完全に削除すると、後でそのドキュメントを復元することはできません。ドキュメントを完全に削除する方法は次のとおりです。

  1. 閲覧中のドキュメントで[...]アイコンをクリックします。
  2. 削除]をクリックします。
  3. Paper のホームページで[削除済み]タブを開きます。
  4. 完全に削除するドキュメントにマウスのカーソルを合わせ、表示されたチェックボックスをオンにします。
  5. 完全に削除する]をクリックします。
  6. もう一度[完全に削除する]をクリックします。

注:チーム管理者は、Dropbox Business チームにおけるドキュメントの完全な削除を制限することができます。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答