Unicode エンコードの競合とは

Unicode エンコードの競合は、名前が同じ 2 件のファイルまたはフォルダが Dropbox アカウントの同じ場所に保存されている場合に発生します。この競合を解決するために、(Unicode エンコードの競合)という文字列がどちらかのファイル名の末尾に自動的に追加されます。

この種の競合は、Unicode を使用してエンコードされた文字がファイル名に含まれているファイルで発生します。異なる形式でエンコードされていても、表面的には同じ名前のように見える 2 件のファイルは、同じファイル名が付けられていると認識されます。

さて次は?

どちらかのファイル名に(Unicode エンコードの競合)という文字列が追加されている場合は、次のいずれかの方法で競合を解決することができます。

  • 両方のファイルまたはフォルダをそのままにして、片方の名前を(Unicode エンコードの競合)が追加されたままにしておく
  • ファイルまたはフォルダの名前を変更する

Unicode エンコードの競合が生じないようにする方法

今後、Unicode エンコードの競合が生じないようにするには、ファイルまたはフォルダを作成する際に、同じ場所に保存されている別のファイルまたはフォルダと同じ名前を付けないようにします。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。