Dropbox と macOS Catalina 10.15 以降

この記事では、最近 macOS Catalina 10.15 以降をインストールしたデバイスで見られる Dropbox の変更点についてご説明します。

最近、Dropbox デスクトップ アプリをインストールしているパソコンで最新バージョンの macOS にアップグレードされた方は、最新バージョンの Dropbox に更新することをおすすめします。

通知

ご利用されているデバイスを更新すると「Dropbox からの通知を許可してください」というメッセージが表示されます。 

許可する]をクリックすると、すべてのファイル アクティビティに関する最新情報を把握できるようになります。 

通知設定はいつでも変更することができます。変更するには[システム環境設定]を開き[通知]をクリックしてください。 

カメラアップロード

macOS の最新バージョンに更新したパソコンにモバイル デバイスを接続すると、「取り外し可能なデバイスにあるファイルへのアクセスを Dropbox に許可してください」という通知が表示されます。

OK]をクリックすると自動的にモバイル デバイスから Dropbox に写真がアップロードされます。カメラアップロードの詳細をご覧ください。 

スクリーンショットと画面の録画

初めてスクリーンショットまたは画面の録画を撮ると、「「デスクトップ」フォルダにあるファイルへのアクセスを Dropbox に許可してください」という通知が表示されます。

OK]をクリックすると、スクリーンショットや画面の録画が自動的に Dropbox フォルダ「スクリーンショット」に保存されます。 

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。