Dropbox チーム スペース

Dropbox Business にチームで情報を共有するための新しい場所ができました。Dropbox ではこれを「チーム スペース」と呼んでいます。チーム スペースでは、ファイルやフォルダ、Dropbox Spaces の保管や閲覧、同僚との共有や編集はもちろん、フィードバックのリクエストもできます。

このセクションでは、チーム スペースの特長と、スマート シンクや Dropbox Paper など、便利なツールの使い方を説明します。

Dropbox チーム スペース

Dropbox チーム フォルダ

ログインすると、チーム スペースにビルのアイコンが付いた青色のフォルダが表示されることがあります。これは管理者が設定したチーム フォルダです。過去に Dropbox Basic を利用したことがある方は、チーム フォルダもファイル整理の新しい方法として活用してください。

チーム フォルダは同僚とコンテンツを共有する中継地点のようなものです。チーム フォルダにファイルを追加すると、そのグループ(アクセス権を付与されたグループも含む)のメンバー全員がファイルにアクセスできるようになります。管理者は、グループ外のユーザーを招待して特定のファイルやサブフォルダの閲覧や編集を可能にする、またはコンテンツへのアクセスを制限することができます。チーム フォルダの設定と管理は管理者が行いますが、ユーザーが自分用の共有フォルダを作成することもできます。

チーム フォルダの詳細をご覧ください

チーム メンバー フォルダ

Dropbox Business のチーム フォルダに保存されたファイルは、そのフォルダに参加しているチーム メンバー全員と自動的に共有されます。まだ共有したくない場合は、自分用のチーム メンバー フォルダにファイルを追加してください。これは作業中のファイルを入れておくあなた専用のフォルダです。ファイルの場所がチーム フォルダか自分のフォルダかに関係なく、共有をカスタマイズして、コンテンツを閲覧、編集できるユーザーを制限できます。

注:個人のチーム メンバー フォルダが自動的に共有されることはありませんが、管理者であれば管理コンソールや代理ログインでアクセスできます。

チーム メンバー フォルダ

スマート シンク

Dropbox のスマート シンクを使用すると、ファイルとフォルダをクラウドに移動([オンラインのみ]に設定)して、パソコンのハード ドライブの空き容量を増やすことができます。

スマート シンクを使用して保存されたファイルとフォルダは、パソコン上の Dropbox フォルダ、Dropbox モバイル アプリ、dropbox.com に表示されるため、ファイル管理も簡単です。スマート シンクを使用して保存されたファイルにアクセスするには、ファイルをダブルクリックします。Dropbox がすぐにファイルをダウンロードして開きます。

普段使用しないファイルとフォルダを特定してクラウドに移動できるスマート シンクなら、保存容量を自動的に節約することも可能です。

管理者はチームの同期設定のデフォルトを指定できますが、ユーザー側でも特定のファイルやフォルダごとにスマート シンクを有効にしてローカル/オンラインのみに設定できます。スマート シンクや選択型同期といった機能を利用することで、ストレージ容量の管理に費やす時間を節約し、重要な作業に集中できます。

スマート シンクの使い方

1. デスクトップ アプリを開きます。
2.[オンラインのみ]または[ローカル]に設定するコンテンツを見つけます。
3. ファイルまたはフォルダを Ctrl キーを押しながらクリックするか、右クリックします。
4.[スマート シンク]を選択します。
5.[オンラインのみまたはローカル]を選択します
1. パソコンのハード ドライブ上の Dropbox フォルダを開きます。
2.[オンラインのみ]または[ローカル]に設定するコンテンツを見つけます。
3. Ctrl キーを押しながらアイテムをクリックするか、右クリックします。
4.[スマート シンク]を選択します。
5.[オンラインのみ]または[ローカル]を選択します。
 

普段デスクトップ アプリから開くときと同じように、Finder(Mac)、エクスプローラー(Windows)などのネイティブ アプリケーションを使用してファイルを開くことができます。Dropbox がすぐにファイルをパソコンにダウンロードします。このファイルは Dropbox アカウントと引き続き同期されますが、ハード ドライブの容量も使用します。

選択型同期は Dropbox の別の機能で、どのファイルをハード ドライブから削除するか選択できるようにします。Dropbox.com で引き続きアクセスすることはできますが、パソコンには表示されません。選択型同期は Dropbox アカウントからファイルやフォルダを削除せずにハード ドライブの容量を節約できる機能です。

選択型同期にまつわる一般的な問題の解決方法をご覧ください。

オフラインでコンテンツにアクセスする

Dropbox はパソコンで利用する場合とスマートフォンで利用する場合に違いがあります。モバイル アプリはファイルをデバイスに保存しませんが、dropbox.com を使用する場合と同様に、クラウドにあるファイルを表示します。スマートフォンでファイルを開いたり編集する場合も、デバイスに直接ダウンロードするのではなく、クラウドにあるファイルにアクセスしていることになります。

Wi-Fi やデータ サービスを利用せずに作業用ファイルにアクセスするには[ファイルのオフラインアクセスを許可する]のオプションをオンにしてオフラインでもファイルにアクセスできるようにしてください。さらに、フォルダ全体にタグ付けすると、スマートフォンやタブレットがオフラインのときもコンテンツにアクセスできます。

使い方:オフラインでもコンテンツにアクセスできるようにする

1.Dropbox モバイルアプリでオフライン アクセスを許可するファイルを開きます。
2. ファイル名の横にある[...](省略記号)をタップします。
3.[
オフラインアクセスを許可]をタップします。

オフライン ファイルにアクセスするには、Dropbox モバイル アプリでメニューの[オフライン](Android)または[Dropbox]タブ(iOS)をタップします。

1. Dropbox モバイルアプリでオフライン アクセスを許可するフォルダを開きます。
2. アイテム名の下にある[...](省略記号)をタップします。
3.[
オフラインアクセスを許可]をタップします。

オフライン フォルダにアクセスするには、Dropbox モバイルアプリでメニュー(Android)または[Dropbox]タブ(iOS)の[オフライン]をタップします。

Computer backup

If your admin allows it, you can use computer backup to automatically back up certain key folders to your Dropbox account. Folders like “Desktop”, “Documents”, and “Downloads” will still be accessible from the same place on your computer, while also being backed up in the cloud. 

Get started with computer backup

次項:共同作業 & 制作

Dropbox なら個人のフォルダをチームのワークスペースに変換できます。次項では、フォルダ概要や共同作業向け機能を使用してアイテムを整理する方法と、さまざまな種類のコンテンツを作成および管理する方法を紹介します。