Dropbox チーム スペース

Dropbox Business ではチームを同期させるための新しい方法があります。Dropbox ではこれをチーム スペースと呼んでいます。このスペースでは、ファイルの保管やアクセス、共同作業の相手とのファイル共有、編集、フィードバックのリクエストを行うことができます。

このセクションでは、チーム スペースにあるフォルダのタイプについて、またスマート シンクや Dropbox Paper などの便利な機能の基本情報についてご説明します。

 

Dropbox チーム フォルダ

チーム スペースにログインすると、ビルのアイコンが付いた青色のフォルダが表示されます。これがあなたのチーム フォルダです。これはチームが Dropbox を使い始められるように管理者が設定したものです。過去に Dropbox Basic を利用したことがある場合は、この特別なフォルダもファイル整理の新しい方法としてご利用ください。 

チーム フォルダは同僚とコンテンツを共有する中継地点のようなものです。ファイルをチーム フォルダに追加すると、グループのメンバー全員またはそのフォルダに関連付けられているグループで自動的にそのファイルを利用できるようになります。管理者は特定ファイルとサブファイルを閲覧または編集できるように、グループ外のユーザーを招待したり、コンテンツへのアクセスを制限することができます。チーム フォルダの設定と管理は管理者が行うようになっていますが、自分用の共有フォルダを作成することもできます(詳細については次項でご説明します)。

チーム フォルダの詳細をご覧ください

チーム メンバー フォルダ

Dropbox Business チーム フォルダに保存されたファイルは同僚と自動的に共有されます。まだ共有したくない場合は、自分用のチーム メンバー フォルダにファイルを追加してください。これはあなたの作業用ファイル専用のフォルダです。ファイルがチーム フォルダまたはメンバー フォルダのどちらにある場合でも、閲覧や編集のアクセスを許可するユーザーを制限するため、共有したファイルやフォルダをカスタマイズできます。

注:チーム メンバー フォルダは所有者のものですが、チーム管理者は管理コンソールからあなたのフォルダにアクセスしたり、メンバーのアカウントに代理ログインしたりできます。

スマート シンク

Dropbox では、パソコンのファイルやフォルダをクラウドに移動することでハード ドライブの空き容量を簡単に増やすことができます。Dropbox のスマート シンクなら、デスクトップのファイル エクスプローラから移動したファイルやフォルダに直接アクセスしたり閲覧することができます。 必要な時にファイルやフォルダをクリックするだけで、ハード ドライブへ自動的にダウンロードすることができます。

管理者はチームの同期設定のデフォルトを選択することができますが、特定のフォルダやファイルでスマート シンクを有効にすることができます。スマート シンクや選択型同期といった機能を利用することで、ストレージ容量の管理に費やす時間を節約し、重要な作業に集中することができます。

使い方:スマート シンク

スマート シンクを使用してコンテンツをオンラインのみに設定する、あるいはパソコン上でローカルに保存する方法

  1. システム トレイ(Windows)またはメニュー バー(Mac)にある Dropbox アイコンをクリックします。

  2. フォルダ アイコンをクリックします。

  3. フォルダを開く]を選択します。

  4. オンラインのみに設定するコンテンツを参照します。

  5. ファイルまたはフォルダを Ctrl キーを押しながらクリックするか、右クリックします。

  6. スマート シンク]をクリックします。

  7. オンラインのみ]または[ローカル]をクリックします。

スマート シンクで新しいコンテンツのデフォルト設定を選択する方法

システム拡張機能やドライバの動作について

スマート シンクを使用してオンラインのみのコンテンツとパソコンを同期する方法

通常どおり Finder(Mac)、Windows エクスプローラーなどのネイティブ アプリケーションを使用してファイルを開きます。Dropbox がすぐにファイルをパソコンにダウンロードします。このファイルは Dropbox アカウントと引き続き同期されますが、ハード ドライブの容量も使用します。

選択型同期

選択型同期は Dropbox の別の機能で、どのファイルをハード ドライブから削除するか選択できるようにします。Dropbox.com で引き続きアクセスすることはできますが、パソコンには表示されません。選択型同期は Dropbox アカウントからファイルやフォルダを削除せずにハード ドライブの容量を節約できる機能です。

選択型同期にまつわる一般的な問題の解決方法をご覧ください。

モバイル オフライン ファイルとフォルダ

Dropbox はパソコンで利用する場合とスマートフォンで利用する場合に違いがあります。モバイル アプリはファイルをデバイスに保存しませんが、dropbox.com を使用する場合と同様に、クラウドにあるファイルを表示します。スマートフォンでファイルを開いたり編集する場合も、デバイスに直接ダウンロードするのではなく、クラウドにあるファイルにアクセスしていることになります。

Wi-Fi やデータ サービスを利用せずに作業用ファイルにアクセスするには[オフライン アクセス可]のオプションをオンにしてオフラインでもファイルにアクセスできるようにしてください。モバイル オフライン フォルダでは、フォルダ全体をタグ付けして、スマートフォンやタブレットからオフラインでフォルダ内のコンテンツにアクセスできるようにすることができます。

ファイルやフォルダをオフラインでアクセスできるようにする

ファイルやフォルダをオフラインでアクセスできるようにする

  1. Dropbox モバイルアプリで、オフラインでアクセスしたいファイルを探します。

  2. ファイル名の横にある省略記号[]アイコンをタップします。

  3. オフライン アクセス可]をタップして設定を切り替えます。


オフライン アクセスを許可にしたファイルやフォルダを開くには、Dropbox モバイルアプリのメニューで[オフライン](Android)または[Dropbox]タブ(iOS)をタップします。

フォルダのオフライン アクセスを許可する

  1. Dropbox モバイルアプリで、オフラインでアクセスしたいファイルを探します。

  2. フォルダ名の横にある省略記号[]アイコンをタップします。 

  3. オフライン アクセス可]をタップして設定を切り替えます。


オフライン アクセスを許可にしたファイルやフォルダを開くには、Dropbox モバイルアプリのメニューで[オフライン](Android)または[Dropbox]タブ(iOS)をタップします。