Google Cloud Identity と Dropbox Business をリンクする

Dropbox と Google Cloud Identity を統合すると、Google Cloud Identity を介して Dropbox Business チームを管理しやすくなります。Dropbox と Google Cloud Identity を併せて使用すると、次の操作を行うことができます。

  • Dropbox Business チームでシングルサインオン(SSO)を設定
  • Google 管理コンソールを介して Dropbox Business ユーザーのプロビジョニングやプロビジョニングの解除を管理

SSO とプロビジョニングを設定できるのは Dropbox Business 管理者と Google の特権管理者です。設定を行う場合は両アカウントでログインが必要になります。

チームでシングル サインオン(SSO)を設定

  1. Google 管理者用アカウントで Google 管理コンソールにログインします。
  2. アプリ]をクリックします。
    • 注:ホーム ページでアプリを表示するには、画面下にある[その他の設定]をクリックすることが必要な場合もあります
  3. SAML アプリ]をクリックします。 
  4. サービスやアプリをドメインに追加]をクリックします。
  5. アプリをフィルタ]検索ボックスで「Dropbox Business」と入力すると、下部のリスト内に表示されます。
  6. Dropbox Business]をクリックします。
  7. 証明書]の横にある[ダウンロード]をクリックします(証明書は後で必要になります)。
  8. SSO URL]の横にある URL をハイライト表示し、クリップボードにコピーします(URL は後で必要になります)。このページはブラウザで開いた状態にしておきます。
  9. Dropbox 管理コンソールに切り替えます。ブラウザの新しいタブで開くだけで構いません。
  10. Dropbox Business の管理者アカウントにログインします。
  11. 設定]をクリックします。
  12. シングル サインオン]をクリックします。
  13. シングル サインオン]の横にあるプルダウンメニューで[オフ]を[オプション]または[必須]に変更します。
  14. アイデンティティ プロバイダのログイン URL]の横にある[ログイン URL を追加]をクリックし、ステップ 8 でコピーした URL を貼り付けます。
  15. 完了]をクリックします。
  16. 証明書をアップロード]をクリックします。 
  17. リンクをコピー]をクリックします。
  18. Google 管理コンソールに戻ります。
  19. 次へ]をクリックします。
  20. 完了]をクリックします。

ユーザー プロビジョニングの設定

こちらの G Suite 管理者向けヘルプ記事を参照し、次の操作方法を確認してください。

  • Dropbox アプリケーションのユーザー プロビジョニングを設定する
  • ユーザー プロビジョニングを表示する
  • プロビジョニングの範囲を編集する
  • プロビジョニング解除の時間枠を指定する
  • ユーザー プロビジョニングを解除する

注:プロビジョニングはグループにミラーリングされません。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。