アカウントのタイプを切り替えると Paper ドキュメントはどうなりますか?

アカウントのタイプを切り替えた場合にコンテンツがどうなるか把握するには、次のシナリオで該当するものを参照してください。

Dropbox Business チームまたはトライアルに参加した場合

既存の無料アカウントがある場合は、同じメール アドレスで Business チームに参加することができます。ドキュメントはすべてあなたの Business チームに移動します。

別のメール アドレスを使用して新しいアカウントを作成することもできます。その場合は、何も保存されていない新しいアカウントを作成することになります。

Dropbox Business でチームを削除またはプランをキャンセルした場合

チームに参加していて、そのチームを削除または加入プランをキャンセルした場合

  • 非公開のコンテンツ(他のユーザーと共有したことがない自分が作成したドキュメント)は、すべてあなたの個人用アカウントに戻ります
    • 個人用アカウントがない場合、管理者はあなたのアカウントを別のアカウントに変換することができます 
  • チームのデータが外部に流れないようにするため、許可されていた共有コンテンツへのアクセスは取り消されます
    • あなたが所有するドキュメントと他のユーザーと共有したドキュメントもこれに該当します

チーム管理者への注意事項:チーム管理者が所有するコンテンツはすべて個人用アカウントに戻ります。これには過去にアクセスしたファイルや招待されたファイルも含まれます。

無料チームから Dropbox Business チームにアップグレードした場合

無料チームから有料の Business チームに参加またはアップグレードした場合

  • 非公開のコンテンツ(他のユーザーと共有したことがない自分が作成したドキュメント)は、あなたの Business チームにすべて移動します
  • 共有したコンテンツやチームのコンテンツ(あなたが所有するドキュメントや他のユーザーと共有したドキュメントを含む)は、無料チームで維持されます

メンバーがチームから退会した場合

チームから削除されたユーザー、またはチームから退会したユーザーの非公開コンテンツ(対象のユーザーが作成し、他のユーザーと共有したことがないドキュメント)は、そのユーザーの個人用アカウントに移行します。 

そのメンバーが作成した共有済みドキュメントは、メンバーを削除した管理者のアカウントに移動します。 

該当する例がありませんか? 

この他の質問についてはサポートにお問い合わせください。 

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。