共有フォルダの所有者を変更する

デフォルト設定により、共有フォルダの作成者がフォルダの所有者になります。ただし、他のメンバーに所有権を譲渡することも可能です。

共有フォルダ所有者の権限設定についてはこちらをご覧ください。

Dropbox をまだご利用いただいていない場合は、ファイルやフォルダを簡単に共有できる Dropbox の機能についての記事をご参照ください。

共有フォルダの所有者を変更する

フォルダの共有権限を変更することで、共有フォルダの所有権を譲渡できます。

Dropbox.com から

  1. dropbox.com にログインします。
  2. 左側のサイドバーで[すべてのファイル]をクリックします。
  3. 正しいフォルダ名にカーソルを合わせて、共有アイコン(人)をクリックします
  4. ○○人がアクセスできます]をクリックします。
  5. 所有権を譲渡するユーザーの名前の横にある下向き矢印をクリックします。
  6. 所有者に指定する]を選択して、選択内容を確認します。

 

デスクトップ アプリ内

  1. Dropbox デスクトップ アプリのウィンドウを開きます。
  2. 正しいフォルダ名にカーソルを合わせて、共有アイコン(人)をクリックします
  3. 所有権を譲渡するユーザーの名前の横にある下向き矢印をクリックします。
  4. 所有者に指定する]を選択して、選択内容を確認します。

 

パソコンの Dropbox フォルダから

  1. エクスプローラー(Windows)または Finder(Mac)で Dropbox フォルダを開きます。
  2. 対象フォルダを右クリックするか、Ctrl キーを押しながらクリックし、[共有...]を選択します。
  3. 所有権を譲渡するユーザーの名前の横にある下向き矢印をクリックします。
  4. 所有者に指定する]を選択して、選択内容を確認します。

 

モバイル アプリから

  1. Dropbox モバイル アプリを開きます。
  2. ファイル](フォルダアイコン)をタップします。
  3. 正しいフォルダの横にある[...](省略記号)または[⁝](縦省略記号)をタップします。
  4. アクセスを管理]をタップします。
  5. [x] 人のメンバー]の下の領域をタップします。
  6. 所有権を譲渡するユーザーの名前の横にある[編集可能]または[閲覧可能]をタップします。
  7. 所有者に指定する]をタップして、選択内容を確認します。

所有者なしでフォルダを譲渡する

共有フォルダの所有者が所有権を譲渡しないままチームから外れた場合、その共有フォルダは所有者がいない状態になります。

元の所有者に連絡でき、元の所有者がまだフォルダにアクセスできる場合は、所有権の譲渡を依頼してください。

元の所有者を特定できない場合や連絡がつかない場合は、ファイルのコピーを新しいフォルダに保存して、メンバーを再度招待することができます。

共有フォルダ所有者の確認方法はこちらをご覧ください

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。