選択型同期の競合について

未同期のフォルダと同じ名前、同じ場所で新しいフォルダを作成したときに、選択型同期の競合が発生します。

両方のフォルダを同期すると、新しい方のフォルダ名に「選択型同期の競合」と追加されます。

選択型同期の競合の例

「税務関係」というフォルダがあると仮定します。選択型同期の設定で「税務関係」フォルダをオフにすると、「税務関係」フォルダはパソコン上の Dropbox フォルダと同期しなくなります。パソコンの同じ場所に同じ「税務関係」という名前の新しいフォルダを作成しても、Dropbox がこのフォルダを同期することはありません。次に、アカウント内の「税務関係」フォルダとパソコン上に新しく作成した「税務関係」フォルダの両方を同期すると、新しい方のフォルダ名に「選択型同期の競合」と追加されます。

さて次は?

どちらのフォルダでもファイルは安全に保管されています。なお、対処方法は以下のとおりです。

  • 片方のフォルダに「選択型同期の競合」と追加したままにしておく
  • 競合しているフォルダの名前を変更する
  • 両方のフォルダから必要なファイルをいずれか一方のフォルダにまとめる

選択型同期の競合が生じないようにするには

今後、選択型同期の競合が生じないようにするには、オンラインで Dropbox アカウントを確認し、同じ名前のフォルダを同じ場所で作成しないようにします。

その他のタイプの競合が生じている場合

異なるタイプのファイル競合に関するエラー メッセージが表示される場合があります。各タイプの解決方法を参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。