選択型同期の利用方法

この機能は、無料の Basic プランを含め、すべての Dropbox ユーザーにご利用いただけます。

Dropbox チーム メンバーの方で、パソコンから選択型同期の設定を管理したい場合に、この記事をご利用ください。Dropbox Business の管理者は、チームのデフォルトの選択型同期の設定を管理できます

選択型同期は、Dropbox デスクトップ アプリの機能で、ハード ドライブから特定の Dropbox フォルダを削除できるため、パソコンの容量を節約できます。ハードドライブから削除したフォルダは、dropbox.com のアカウント上に保存されます。

注:選択型同期では、個別のファイルを削除することはできません。フォルダのみ(ただしそのフォルダ内にあるファイルとフォルダも含む)が削除されます。

選択型同期について

注:適用する選択型同期の基本設定はパソコンごとに固有です。Dropbox を使用している他のパソコンには適用されません。

選択型同期では、Dropbox アカウントに保存しているすべてのフォルダから、パソコンのハードドライブに保存するフォルダを選択できます。フォルダのチェックマークをオンにすると、そのフォルダとその中にあるファイルとフォルダがハードドライブに保存されます。フォルダのチェックマークをオフにすると、そのフォルダとその中のファイルとフォルダがハードドライブから削除され、dropbox.com にのみ保存されます。

フォルダの同期ステータスを確認する方法についてはこちらご覧ください。

それぞれの同期アイコンの意味についてはこちらをご覧ください。

ハードドライブに保存するフォルダを選択

注:選択型同期を使用するには、Dropbox デスクトップ アプリケーションをインストールする必要があります。 

パソコンのハード ドライブに保存したい Dropbox フォルダ / またはそこから削除したい Dropbox フォルダを選択するには:

  1. Dropbox デスクトップ アプリの基本設定を開きます
  2. 同期]タブをクリックします。
  3. 選択型同期]で、[フォルダを選択](Mac)もしくは[選択型同期…](Windows)をクリックします。
  4. ハードドライブに保存するフォルダのチェックマークをオンにします。ハードドライブから削除するフォルダはチェックマークをオフにします。
  5. 更新]をクリックします。

スマート シンクと選択型同期の違い

注:スマート シンクは Dropbox Plus、Family、Professional、Business プランでのみご利用いただけます。

スマート シンクはハードドライブの容量を節約するのに役立ちます。スマート シンクでは、ファイルやフォルダを完全に削除する代わりに、[オンラインのみ]に設定することができるので、オンラインの Dropbox アカウントにしか保存されていないファイルやフォルダでも、パソコンで確認することができます。また、自動設定にすると、ファイルやフォルダの使用頻度に基づいて、ファイルやフォルダを自動的に[オンラインのみ]に設定できます。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。