Dropbox チーム アカウントのパスワード管理機能

更新 Mar 27, 2024

パスワード管理機能を利用すると、チーム メンバーに強力なパスワードを設定するよう要求できるので、管理者が Dropbox チーム アカウントのセキュリティ対策を強化する際に便利です。パスワード管理機能は、Dropbox Advanced、Business Plus、Education、Enterprise プランでご利用いただけます。

パスワード管理機能をオンにするには:

  1. dropbox.com で管理者のアカウント情報を使用してログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4. 認証]で[パスワード管理]をクリックします。
  5. パスワード]をクリックします。
  6. パスワード管理]で[非常に強い]を選択します。

パスワードの強度を変更すると、チーム メンバー全員がそのパスワード管理設定を満たす新しいパスワードを作成しなければならなくなります。具体的には、強度を変更するとチーム メンバーに通知メールが届き、それと同時にすべてのウェブ セッションからログアウトされ、ログイン時に新しいパスワードの作成が求められます。

highlighter icon

:チーム メンバーのアカウントにリンクされたデバイスはすべてログイン状態のまま変わりません。

[普通]と[非常に強い]パスワード設定

Dropbox では、パスワードの強度を判定するツールを開発いたしました。このツールはパスワードによく使用される単語、名称、パターン、数字のデータベースとパスワードを照合するもので、ユーザーが一般的なパスワードを入力しようとすると、推測されにくい固有のパスワードを入力するように促すメッセージが表示されます。
 

非常に強い]設定にしておくと、チームのアカウントのセキュリティがより一層強化されます。
 

Dropbox が利用しいるアカウントのセキュリティ対策テクノロジーについての詳細はこちらをご覧ください。

この記事は役立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、改善が必要な点をご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどの程度役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答