「このファイルを削除してもよろしいですか?」というエラー メッセージについて

「このファイルを削除してもよろしいですか?」というエラー メッセージは次の場合に表示されます。
  • 共有フォルダからファイルやフォルダを削除する
  • 自分の Dropbox アカウントからファイルやフォルダを削除する
  • 共有フォルダのファイルやフォルダを他のメンバーがアクセスできない場所(非公開のフォルダや Dropbox アカウント以外のフォルダ)に移動する
  • 自分の Dropbox アカウントからファイルまたはフォルダを移動する

ファイルを削除したり移動したりするつもりがなければ、[キャンセル]をクリックします。削除や移動を確定するには、[削除]や[移動]をクリックします。 

ハード ドライブの使用容量を節約するには、ファイルを削除するよりも選択型同期スマート シンクをお試しください。 

macOS 10.15(Catalina)で誤って削除してしまった内容を取り消す

macOS 10.15(Catalina)で誤って削除してしまった内容を取り消すには、フル ディスク アクセスを有効にしてください。フル ディスク アクセスにより、Dropbox は誤って削除した内容を取り消すことができるようになります。

フル ディスク アクセスを有効にする

  1. システム環境設定]を開き、[セキュリティとプライバシー]を選択します。
  2. プライバシー]タブをクリックします。
  3. ウィンドウ左下にある鍵のアイコンをクリックして変更します。
  4. パソコンのパスワードを入力して[ロック解除]をクリックします。
  5. フル ディスク アクセス]まで下にスクロールし、[Dropbox]の横にあるチェックボックスをオンにします。
  6. 今すぐ終了]をクリックして Dropbox を再起動します。
この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。