ファイルのバージョン履歴の概要

前のバージョンのファイルを Dropbox が保管する期間は、加入プランの種類によって異なります。ご利用のプランを確認してください

  • Basic(無料):30 日間
  • Plus:30 日間
  • Business(Standard、Advanced、Enterprise、Education):120 日間
  • Professional:180 日間

Dropbox Plus アカウントでエクステンデッド バージョン履歴を購入済みの場合は、前のバージョンのファイルに 1 年間復元できます。

ファイルの前のバージョンを表示する方法

  1. dropbox.com にログインします。
  2. ファイル]をクリックして、前のバージョンを表示するファイルを選択します。
  3. ファイルにカーソルを合わせ、左側に表示されるチェックボックスをオンにします。
  4. バージョン履歴]をクリックします。
  5. バージョンを 1 つ選択してプレビュー表示します。
  6. 前のバージョンを復元するには、[復元]ボタンをクリックします。

注:オフライン状態または Dropbox 外で編集したファイルのバージョン履歴は更新されません。

バージョン履歴の対象期間が長いプランにアップグレードした場合

バージョン履歴で保存される期間が長いプランにアップグレードすると、アップグレード日に新しいバージョン履歴の期間が開始します。

たとえば、30 日間の Basic プランから 180 日間の Plus プランにアップグレードしても、その時点では 180 日前に削除したファイルや編集した内容を表示することはできません。

バージョン履歴はストレージ容量制限にカウントされますか?

いいえ、バージョン履歴は容量制限には含まれません。

ファイルまたはフォルダの名前を変更したり、移動したりすると、バージョン履歴はどうなりますか?

ファイルまたはフォルダの名前を変更したり、移動したりすると、その操作はファイルまたはフォルダのバージョン履歴に記録されます。そのため、そのファイルまたはフォルダのバージョンも復元することが可能です。

バージョン履歴の注意事項

  • Dropbox では、すべてのファイル形式でバージョン履歴が保存されます。
  • アプリケーション バンドルを含むフォルダのバージョン履歴は保存されません。
    • よく使用されるアプリケーション バンドル拡張子の例:.key、.pages、.app

削除したファイルや前のバージョンのフォルダを復元する場合は、ファイルを復元する方法や紛失したファイルを見つける方法の詳細をご覧ください

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。