パソコンのバックアップを使用する

現在この機能はベータ版で提供しており、Dropbox をご利用の一部のお客様にのみご利用いただけます。

パソコンのバックアップを使って、「デスクトップ」、「ドキュメント」、「ダウンロード」などの重要なフォルダを Dropbox にバックアップできます。パソコンまたは Dropbox でこれらのフォルダに加えた変更が常にパソコンと Dropbox の両方に同期されるようになります。

バックアップ後は次のことが可能になります。

設定する前に知っておきたいこと

  • バックアップ後、dropbox.com またはパソコンのいずれかからファイルやフォルダを削除すると、もう片方からも削除されます。
  • バックアップ後は、バックアップした最上位フォルダ(「デスクトップ」、「ドキュメント」、「ダウンロード」、「My Mac」、「My PC」など)の移動、削除、名前の変更はできません。ただし、最上位フォルダ内のファイルについては移動、削除、名前の変更ができます。Dropbox 内のこれらのフォルダに他のユーザーをメールで招待して共有することはできませんが、リンクを使ってこれらのフォルダを共有したり、これらのフォルダ内のファイルまたはフォルダを共有したりすることは可能です。
  • パソコンのバックアップをオフにすると、パソコンに新しく追加したファイルは、パソコンの「デスクトップ」、「ドキュメント」、「ダウンロード」フォルダなどに保存されます。パソコンのバックアップを使って Dropbox にバックアップしたファイルやフォルダは、Dropbox アカウントにそのまま残ります。パソコンでは、「Dropbox 内のファイル」というショートカット フォルダからアクセスできます。このショートカット フォルダは、Dropbox へのバックアップを停止した「デスクトップ」、「ドキュメント」、「ダウンロード」フォルダ内に表示されます。
  • Windows で Microsoft Edge をご利用の場合、この機能を使用して Microsoft Edge の「ダウンロード」フォルダを Dropbox の「ダウンロード」フォルダに同期することはできません。Microsoft Edge の「ダウンロード」フォルダと Dropbox を同期するには、「ダウンロード」フォルダを Dropbox に手動で移動してください。

パソコンのバックアップを設定する

パソコンのバックアップを設定する前に:

  • パソコン上で開いているファイルとアプリケーションをすべて閉じてください。
  • Dropbox デスクトップ アプリケーションをインストールしてください(未インストールの場合)。
    • 同期を停止している場合は、同期を再開してください。
  • インターネットに接続します。
  • Dropbox 以外のクラウド ストレージ プロバイダ(iCloud、OneDrive、Google のバックアップと同期アプリなど)にバックアップしているフォルダが含まれている場合は、それらのバックアップを無効にしてください(無効にする手順がわからない場合は、ご利用のストレージ プロバイダのヘルプセンターをご覧ください)。

パソコンのバックアップを設定するには:

  1. システム トレイ(Windows)またはメニュー バー(Mac)にある Dropbox アイコンをクリックします。
  2. プロフィール写真またはイニシャルをクリックします。
  3. 基本設定]をクリックします。
  4. バックアップ]タブをクリックします。
  5. バックアップを管理]をクリックします。
  6. バックアップするフォルダのチェックボックスをオンにします。
    • ビジネス用アカウントと個人用アカウントをリンクしている場合は、どちらの Dropbox アカウントにフォルダをバックアップするのかを選択してください
  7. 次へ]または[Dropbox に同期](アカウントによって異なります)をクリックし、表示された手順に沿って設定します。
    • Mac の場合:Dropbox にフォルダへのアクセスを許可するよう求められたら[OK]をクリックします。

選択したフォルダが 「My PC(デバイス名)」または 「My Mac(デバイス名)」と表示されます。Mac の場合は Finder、Windows の場合はエクスプローラーからアクセスできます。バックアップ フォルダまたは dropbox.com のいずれかから削除すると、パソコンと Dropbox の両方から削除されます。

同期ステータスの確認方法ファイル同期の優先順位の設定方法ファイル同期を除外する方法を紹介します。

パソコンのバックアップに関するトラブルシューティング

設定時にエラーが発生した場合

パソコンのバックアップを設定する際にエラーが発生した場合は、設定をやり直す前に、まず次のトラブルシューティングの手順をお試しください。

  • バックアップするフォルダ内にあるデータを使用しているファイルやアプリケーションがあれば終了します。
  • バックアップするフォルダで、Dropbox 以外のクラウド ストレージ プロバイダ(iCloud、OneDrive、Google のバックアップと同期アプリなど)のフォルダを無効にします。
  • Mac の場合:Dropbox にフォルダへのアクセスを許可します。Apple のヘルプセンターに記載された手順に沿って、システム環境設定でアクセスを許可します。[Dropbox]で、バックアップするフォルダ名の横にあるチェックボックスをオンにします。
  • バックアップするすべてのファイルとフォルダの編集を許可します。
  • バックアップするフォルダに Dropbox フォルダが含まれている場合は、Dropbox フォルダを元のデフォルトの場所に戻します。
  • Dropbox フォルダと、バックアップするフォルダが同じハード ドライブ上にない場合は、移動して同じハード ドライブ上に置きます。たとえば、これからバックアップするフォルダが外付けハード ドライブにあり、Dropbox フォルダがパソコンのハード ドライブ上にある場合、バックアップするフォルダをパソコンのハード ドライブに移動します

パソコンのバックアップをオンにした後にファイルが表示されない場合

Mac の場合:バックアップ後、Finder にファイルが表示されない場合は、Finder を強制終了してから再起動します

Mac/Windows の場合:表示されなくなったファイルの元の場所で「Dropbox 内のファイル」という名称のフォルダを探してください。表示されなくなったファイルはこのフォルダ内に保存されています。パソコン上の Dropbox フォルダ内にあるこれらのファイルをダブルクリックして開きます。これらのファイルを Dropbox ではなく元の場所に保存しておく場合は、ファイルをドラッグ & ドロップで戻してください。

パソコンのバックアップをオンにした後に問題が発生した場合

問題が発生しているアプリケーションを再起動します。特に、次のアプリケーションについては再起動することをおすすめします。

  • Firefox
  • Google Chrome
  • Microsoft Money
  • Microsoft Outlook
  • Safari 

ファイルが期待したとおりに同期しない場合

パソコンに Dropbox デスクトップ アプリがインストールされていることを確認してください。

パソコンのバックアップをオフにする

注:

  • パソコンのバックアップをオフにするには、Dropbox デスクトップ アプリケーションをインストールしておく必要があります。デスクトップ アプリケーションをすでにアンインストールしてしまった場合は、もう一度インストールしてからパソコンのバックアップをオフにしてください。
  • 「My PC」や「My Mac」からファイルやフォルダを削除すると、Dropbox とパソコンの両方から削除されます。

パソコンのバックアップをオフにするには:

  1. システム トレイ(Windows)またはメニュー バー(Mac)にある Dropbox アイコンをクリックします。
  2. プロフィール写真またはイニシャルをクリックします。
  3. 基本設定]をクリックします。
  4. バックアップ]タブをクリックします。
  5. バックアップを管理]をクリックします。
  6. Dropbox へのバックアップを停止するフォルダのチェックボックスをオフにするか、すべてのファイルを[オフ]に切り替えます。
  7. 停止を続行]をクリックします。
  8. 保存]をクリックします。

パソコンに新しく追加したファイルは、パソコンの「デスクトップ」、「ドキュメント」、「ダウンロード」フォルダなどに保存されます。パソコンのバックアップを使って Dropbox にバックアップしたファイルやフォルダは、Dropbox アカウントにそのまま残ります。パソコンでは、「Dropbox 内のファイル」というショートカット フォルダからアクセスできます。このショートカット フォルダは、Dropbox へのバックアップを停止した「デスクトップ」、「ドキュメント」、「ダウンロード」フォルダ内に表示されます。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。