ファイル同期の一時停止と再開の方法

Dropbox ファイルに変更を加えると、お使いのパソコンや Dropbox 内のファイルにアクセスするすべての場所で変更内容が同期されます。Dropbox ファイルのパソコンへの同期を一時的に停止するには、一旦同期を一時停止して、準備ができ次第また同期を再開します。

Dropbox をまだご利用いただいていない場合は、ファイルの同期が簡単になる Dropbox についての記事をご覧ください。

同期を一時停止する

  1. タスクバー(Windows)またはメニューバー(Mac)にある Dropbox アイコンをクリックします。
  2. 表示されるウィンドウの下部の白いバーに[ファイルは最新の状態です]、[「ファイル名」を同期中]、または[x 件のファイルを同期中]と表示されます。そのテキストにカーソルを合わせます。
  3. カーソルを合わせると、テキストが[ファイル同期を一時停止]に変更します。このテキストをクリックします。
  4. クリックして同期を一時停止する期間を選択します。[…まで同期を一時停止しました]というメッセージが同期の再開時刻と共に表示されます。

注:同期を一時停止している間、Dropbox ファイルに加えられた変更について引き続き通知を受け取る場合がありますが、変更は同期されません。

同期を再開する

  1. タスクバー(Windows)またはメニューバー(Mac)にある Dropbox アイコンをクリックします。
  2. 表示されるウィンドウの下部にある[x まで同期を一時停止しました]にカーソルを合わせます。
  3. 同期を再開]をクリックします。
この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。