不正アクセスされた Dropbox アカウントを保護する

Dropbox アカウントを保護するには、いくつかの方法があります。パソコンを紛失したり、盗まれたりした場合、またはデータの安全性について懸念がある場合は、アカウントが不正アクセスされた場合に有効な次の対策を講じてください。

パスワードを変更する

お客様の Dropbox アカウントのアカウント設定 ページでパスワードを変更することができます。 必ず他のサービスで使用していない強力なパスワードを使用してください。

強力なパスワードの設定方法をご覧ください。

2 段階認証を設定する

2 段階認証は未認証アクセスからアカウントを保護する場合に非常に効率的なセキュリティ対策です。Dropbox へログインするたびにスマートフォンやモバイル認証アプリに送信されたコードの入力が必要になります。

2 段階認証の設定方法をご覧ください

パソコンの最終 IP アドレスを確認する

パソコンまたはモバイル デバイスの最終 IP アドレスは Dropbox がそのデバイスからインターネットに接続する場合に記録されるようになっています。IP アドレスはインターネット サービス プロバイダを通じてパソコンがインターネットに接続した際のおおよその位置情報を特定するために使うことができます。

この情報を見るにはアカウント設定の[セキュリティ]タブにアクセスしてください。記録された最終 IP アドレスを表示するには[i]アイコンにカーソルを合わせます。現在、Dropbox では最終 IP アドレスの国情報を表示していますが、ユーザーはご希望の IP アドレス参照サービスを使用して詳細情報を入手することもできます。

遠隔操作でデバイス、ウェブ セッション、アプリからログアウトする

遠隔操作でデバイス、ウェブ セッション、アプリからログアウトできます。これで Dropbox アカウントで未認証の変更を防ぐことができます。

  • パソコンやモバイル デバイスからログアウトすると、そのデバイスからの新しい IP アドレスの記録だけでなく、同期も停止します。
  • ウェブ ブラウザから Dropbox にログインした場合、ウェブ セッションからログアウトすると Dropbox でもログアウトした状態になります。再度ログインするには、パスワードの入力が必要になります。
  • アカウントにサードパーティ製アプリをリンクしている場合、アプリからログアウトすると、そのアプリは Dropbox アカウントにアクセスできなくなります。アプリに再びログインするには、パスワードをもう一度入力する必要があります。

遠隔操作でデバイス、ウェブ セッション、アプリからログアウトする詳細についてはこちらをご覧ください。

デバイスから遠隔操作で Dropbox ファイルを削除する

Dropbox Plus、Family、Professional、Business プランをご利用の場合は、遠隔操作でデバイスからログアウトした際に、そのデバイスから Dropbox ファイルを削除することができます。

デバイスから Dropbox ファイルを遠隔削除する詳細についてはこちらをご覧ください。

Dropbox Business チーム管理者とチーム メンバー

Dropbox Business チームの管理者は、ユーザーとして代理ログインする機能を使用してチーム メンバーのアカウントにログインし、次のことを行うことができます。

  • チーム メンバーのフォルダ構造を確認する
  • 他のユーザーとファイルやフォルダを共有する
  • ファイルを閲覧、開く、ダウンロードする
  • Dropbox Business チームのメンバーの方で、ご自分のアカウントに不正アクセスの疑いがある場合は、チーム管理者にサポートを依頼してください。

チーム管理者を確認する方法をご覧ください

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。