PSD2 による Dropbox アカウントへの影響は?

PSD2(Payment Service Directive 2)は欧州連合(EU)による決済サービス指令で、2019 年 9 月 14 日から施行されます。この指令は Dropbox サポートの SCA(Strong Customer Authentication)のような機能をプロバイダに要求することで、オンライン決済をより安全にすることを意図したものです。SCA ではオンライン決済に 2 段階認証の使用を要求しています。

Dropbox アカウントを安全に維持するための詳細はこちらをご覧ください

Dropbox が遵守する PSD2 について

2019 年 9 月 14 日より、Dropbox は SCA の要件を満たすため欧州経済地域(EEA)のお客様から決済時に必要となる追加情報を集めるように要求されています。 

PSD2 による変更は?

31 か所の対象地域にお住まいのお客様で既存の定期支払いプランに加入されているアカウントにおいては、この変更による影響はございません。ただし、次のいずれかに該当する場合は、決済処理にあたり認証手順がご利用の金融機関により追加されることがありますので、あらかじめご了承ください。 

  • 2019 年 9 月 14 日以降に Dropbox プランを購入
  • 請求頻度を変更
  • チームに新しいライセンスを追加
  • アカウントをアップグレード
  • 登録しているクレジット カード情報を更新
  • アドオン機能を購入
  • トライアル版に加入

注:Paypal やアプリ内で購入したお客様は決済プロバイダによる 2 段階認証の使用が必要となります。

決済時に認証エラーが発生した場合

SCA モーダルに詳細情報を追加後、エラー メッセージが表示されたり、セキュリティ質問に答えられなかった場合は、認証に関する特定の質問についてご利用の金融機関に問い合わせてください。

決済時に関する問題がこの他に発生している場合は、Dropbox サポートにお問い合わせください。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。