スマート シンク システム拡張機能

この記事では、スマート シンク機能について説明します。この機能は、Dropbox Plus、Family、Professional、Business プランでのみご利用いただけます。

Dropbox スマート シンク機能は、Windows パソコンと、オペレーティング システムが macOS Catalina 10.15 以前の Mac パソコンにシステム拡張機能をインストールします。これは、スマート シンクを機能させるオペレーティング システムとの統合です。

注:

  • スマート シンク機能を使用しない場合でも、システム拡張機能をインストールすることなく Dropbox デスクトップ アプリをご利用いただけます。
  • macOS Big Sur 11 以降をお使いの場合は、スマート シンクを使用するためにシステム拡張機能をインストールする必要はありません。
  • Dropbox Business チーム メンバーの場合、お使いのパソコンでシステム拡張機能をインストールまたはアンインストールするための適切な権限がない可能性があるため、管理者に連絡する必要があります

スマート シンク システム拡張を手動でインストールする

この統合は Dropbox デスクトップ アプリをインストールすると自動的にインストールされますが、まれにシステム権限によってブロックされることがあります。ブロックされた場合は、次の手順を実行してシステム拡張機能をインストールします。

システム拡張機能をアンインストールする

注: システム拡張機能をアンインストールするとスマート シンクが無効になりますが、Dropbox デスクトップ アプリは引き続きご利用いただけます。

スマート シンクを使用しなくても、パソコンからシステム拡張機能がアンインストールされることはありません。システム拡張をアンインストールするには:

  1. dropbox.com にログインします。
  2. 右上にあるアバター(プロフィール写真またはイニシャル)をクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4. [全般]タブをクリックします。
  5. Dropbox システム拡張機能をオフに切り替えます。

管理者:チームのパソコンからシステム拡張機能をアンインストールする

管理者は、チームのパソコンから スマート シンク システム拡張機能をアンインストールできます。そのためには、このリンクをたどって管理コンソールの[アンインストール]ページに移動し、チェックボックスをオンにして、[アンインストール]をクリックします。

システム拡張機能をアンインストールしても、チーム メンバーは Dropbox デスクトップ アプリを使用できますが、オンラインのみのファイルはすべてローカルになり、チーム アカウントとリンクされた個人用アカウントの両方でスマート シンクが無効になります。

または、チームのシステム拡張機能をアンインストールせずに、チームのデフォルトのスマート シンク設定を管理することもできます

スマート シンク システム拡張は安全ですか?

Dropbox スマートシンク システム拡張は安全で、スマート シンクを実行するためだけに使用されます。プリンター、ハード ドライブ、デスクトップ アプリケーションなど、ハードウェアやソフトウェア用にインストールが必要となる可能性のある他のドライバやシステム拡張機能に似ています。

具体的には、スマート シンク システム拡張機能を使用すると、適切なアクセス許可を持っていない場合、ファイルやフォルダの削除、移動、共有解除などの操作を実行できなくなります。アクションの実行者がどのような権限を持っているか Dropbox サーバーに伝える「コールバック」を使用することで実行が阻止されます。

Dropbox がファイルを安全に保管する方法についてご覧ください。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。