Outlook 版 Dropbox

Microsoft Outlook 版 Dropbox  のインテグレーションでは、次を行うことができます。

  • メールの添付ファイルを Dropbox アカウント内の任意のファイルへの共有リンクに置き換える。
  • メールの添付ファイルを直接 Dropbox アカウントに保存する。

インテグレーションを有効にすると、Outlook の作成ウィンドウの一番下に Dropbox のアイコンが追加されます。このアイコンをクリックするとポップアップ ウィンドウが表示され、Dropbox アカウントのコンテンツからアイテムを選択することができます。選択したファイルまたはフォルダへの共有リンクがメールの本文に挿入されます。

Dropbox をまだご利用いただいていない場合は、サイズの大きなファイルも簡単に送信できる Dropbox の機能についての記事をご参照ください。

この記事のセクション:

システム要件

Outlook 版 Dropbox のインテグレーションは、Microsoft Exchange 2013 以降でホストされているメール アカウントでご利用いただけます。動作環境は次のとおりです。

  • Office 365 バージョン 16.0.116291 以降
  • Exchange Online
  • オンプレミス インストール版

:Gmail のような POP/IMAP メール アカウントには対応していません。

Dropbox のインテグレーションの動作環境は次のとおりです。

  • ウェブ版 Outlook
  • Outlook.com
  • Windows 10 以降の場合、Outlook 版 Dropbox は Outlook デスクトップ アプリケーションのバージョン 2016 でご利用いただけます。
  • Mac の場合、Outlook 版 Dropbox は Outlook デスクトップ アプリケーションのバージョン 2016 でご利用いただけます。

注:

  • Outlook 版 Dropbox のインテグレーションは、モバイル版の Outlook およびデスクトップ版の旧バージョンの Outlook ではサポートされていません。
  • Outlook 版 Dropbox のインテグレーションは Windows 7 ではサポートされていません。
  • Outlook 版 Dropbox インテグレーションを使用するには、Windows 10 をバージョン 1903 以上に更新する必要があります。

Outlook 版 Dropbox インテグレーションをインストールする

Outlook 版 Dropbox インテグレーションは Dropbox App Center または Microsoft AppSource から直接インストールできます。

Dropbox App Center からアプリやインテグレーションをインストールする方法は以下のとおりです。

Microsoft AppSource からインストールするには:

  1. Microsoft AppSource サイトで Outlook 版 Dropbox にアクセスします。
  2. 今すぐ入手する]をクリックします。
  3. Microsoft アカウントのログイン情報を入力します。
  4. 続行]をクリックします。
  5. 追加]をクリックします。
  6. 正しいメール アカウントを選択しているか確認してから、[続行]をクリックします。
  7. Outlook アカウントにリダイレクトされたら、[インストール]をクリックします。
  8. OK]をクリックします。

Outlook アカウントのアドイン一覧に Dropbox が表示されます。

注:Dropbox Business チーム メンバーで Outlook 版 Dropbox をインストールできない場合は、管理者がサードパーティのインテグレーションを制限している可能性がありますので、管理者にお問い合わせください。

Outlook 版 Dropbox インテグレーションを設定して使用する

ユーザーや管理者がインテグレーションをインストールすると、サポートされているメール クライアントでご利用のメール アドレスで利用可能な Outlook 版 Dropbox が表示されます。まず、Outlook のリボンまたはメールのヘッダーに表示される Dropbox アイコンをクリックしてアドオンを開き、Dropbox アカウントにログインします。

Windows ユーザー

初めて Outlook 版 Dropbox を使用するときに、一部のウェブ ブラウザで Internet Low-Mic Utility Tool でコンテンツを開く許可を求めるセキュリティ警告が表示されることがあります。[許可]をクリックします。

Dropbox アカウントからメールにファイルを添付する

  1. Outlook でメールを作成中に Dropbox アイコンをクリックすると、Dropbox アカウントにアクセスできます。
  2. メールに添付するファイルやフォルダを選択します。
  3. 選択]をクリックします。選択したファイルまたはフォルダごとに、共有リンクが生成されます。

添付ファイルを Dropbox アカウントに保存する

  1. 添付ファイルや Dropbox の共有リンクを含むメールを受信したときは、Outlook のリボンやメールのヘッダーにある Dropbox ボタンをクリックします。
  2. Dropbox アカウントに保存する添付ファイルを選択します。
  3. 添付ファイルを Dropbox アカウントのどこに保存するか指定します。

既知の制限事項

インテグレーションについては次の制限が報告されています。

Windows をご利用の場合:初めて Outlook 版 Dropbox インテグレーションを使用するときに、ウェブ ブラウザによっては、Internet Low-Mic Utility Tool でコンテンツを開くことを許可するように求めるセキュリティ警告が表示されることがあります。インテグレーションを使用するには、[許可]をクリックしてください。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。