スマート シンク

Dropbox では、パソコンのファイルやフォルダをクラウドに移動することでハード ドライブの空き容量を簡単に増やすことができます。Dropbox のスマート シンクなら、デスクトップのファイル エクスプローラから移動したファイルやフォルダに直接アクセスしたり閲覧することができます。 また、必要な時にファイルやフォルダをクリックするだけで、ハード ドライブにダウンロードできます。

管理者は、新しいファイルをチームのパソコンに自動的にダウンロードするか、オンラインのみでアクセスするかを選択できます。スマート シンクを利用することで、チームのストレージ容量を管理する時間を節約し、必要な作業に専念することができます。

スマート シンクの使い方

  1. システム トレイ(Windows)またはメニュー バー(Mac)にある Dropbox アイコンをクリックします。

  2. フォルダ アイコンをクリックします。

  3. オンラインのみ / ローカルに設定するコンテンツを見つけます。

  4. ファイルまたはフォルダを Ctrl キーを押しながらクリックするか、右クリックします。

  5. スマート シンク]をクリックします。

  6. オンラインのみ]または[ローカル]をクリックします。

スマート シンクで新しいコンテンツのデフォルト設定を選択する方法

システム拡張機能やドライバの動作について

通常どおり Finder(Mac)、Windows Explorer などのネイティブ アプリケーションを使用してファイルを開くことができます。ファイルはすぐにパソコンにダウンロードされ、Dropbox アカウントと引き続き同期されます(ハード ドライブの容量も使用します)。

  1. 管理者用アカウントで dropbox.com にログイン します。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4. スマート シンク]をクリックします。
  5. スマート シンクのデフォルトを選択します。
    • ローカルで同期
    • オンラインのみ

注:チーム メンバーのデフォルトを設定しなくてもスマート シンクは使用できます。管理者の設定が最初のデフォルトとなりますが、各チーム メンバーは、デバイスの設定で異なるデフォルトに変更することができます。

選択型同期

選択型同期とは、一部のファイルをハード ドライブから削除するように選択することができる同期機能の一種です。ハード ドライブから削除しても dropbox.com で引き続きアクセスすることができますが、パソコンには表示されません。選択型同期は Dropbox アカウントからファイルやフォルダを削除せずにハード ドライブの容量を節約できる機能です。

選択型同期をチームで設定する方法をご覧ください。このフォルダ管理機能では管理者がチーム フォルダに対してデフォルトの同期設定を作成できます。

Dropbox で共有する

管理者はチーム フォルダによる自動共有を設定/管理できます。また、(チームが作成した)共有フォルダすべてに適用されるチーム全体のルールをカスタマイズすることも可能です。管理コンソールには、チーム外のユーザーと共有することや、チーム外のユーザーがフォルダに参加することを禁止するオプションもあります。

Dropbox Paper

Dropbox Paper の管理者向け機能のメリットを活用すれば、作成したドキュメントを共有できるので、チーム全員が最新情報をシェアできます。以下のようにチーム全体の Paper 設定を管理できます。

Dropbox Paper の詳細については、チーム ユーザー向けガイドをご覧ください。

 

Dropbox Paper とビジネスの規格と規制の準拠について

ビジネス向けアプリのインテグレーション

パートナーとの協力を通じて、Dropbox はチームによる共同作業を新たな次元へと進化させました。数百社ものサードパーティが先進的な Dropbox API を利用して Dropbox とスムーズに連動するアプリケーションを開発しています。Google、Microsoft、Adobe、Zoom、Slack、Salesforce など(その他のアプリはこちらを参照)、多くの場合でチーム メンバーは使い慣れたツールを Dropbox インテグレーションとして利用できます。サードパーティ製アプリをチームのビジネス用 Dropbox アカウントにリンクさせてください。

Dropbox は API エンドポイントのネットワークをサポートしているため、アプリと Dropbox とのインテグレーションが容易になり、管理のワークフローが迅速化しています。API を確認してアプリを構築してみてください