Dropbox ファイルやフォルダを「無視」に設定する

Dropbox がファイルやフォルダを無視するように設定できます。この設定により、パソコンの「Dropbox」フォルダ内にあるファイルやフォルダを dropbox.com または Dropbox サーバーに保存せずに整理できます。  ファイルまたはフォルダを「無視」に設定した場合、その分のストレージ容量は消費されません。

「無視」に設定したファイルやフォルダは、それまでの保管先であるパソコンのハード ドライブにある「Dropbox」フォルダで維持されます。ただし、その場合は Dropbox サーバーや他のデバイスからは削除されるので、dropbox.com からアクセスすることはできません。また、Dropbox アカウントとの同期対象からも除外されます。 必要に応じて、いつでもファイルやフォルダを dropbox.com と同期するように設定できます。

: 

  • フォルダが「無視」の状態になると、そのフォルダ内のファイルやフォルダもすべて「無視」の対象になります。
  • 「無視」に設定したフォルダを移動しても、「無視」の状態は保持されます。ただし、「無視」に設定していないフォルダ内に移動した場合は「無視」の設定が解除されます。
  • 共有ファイルや共有ファイルを含むフォルダを「無視」に設定すると、共有相手はそのファイルにアクセスできなくなります。ファイルやフォルダの「無視」設定を解除すると、再び共有が始まります。

Dropbox デスクトップ アプリでファイルやフォルダを「無視」に設定する

Dropbox デスクトップ アプリでファイルまたはフォルダを「無視」に設定する:

  1. Dropbox デスクトップ アプリを開きます。
  2. 無視するファイルまたはフォルダを右クリックします。
  3. dropbox.com と同期しない]をクリックします。

ファイルまたはフォルダの横にあるアイコンが、「無視」に設定されたことを示す灰色のマイナス記号に変わります。

:Dropbox Business ユーザーはこの機能をご利用いただけません。 Dropbox Business ユーザーは、次のコマンドラインの手順をご利用ください。

コマンドラインでファイルやフォルダを「無視」に設定する

ファイルまたはフォルダを無視するには、以下のオペレーティング システム別の手順に沿って操作してください。

Mac

  1. パソコンから[ターミナル]アプリケーションを開きます。
  2. 以下のコードを入力し、ファイル/フォルダのパスのプレースホルダを無視するファイル/フォルダのパスに置き換えます。
xattr -w com.dropbox.ignored 1 /Users/yourname/Dropbox\ \(Personal\)/YourFileName.pdf
  1. Enter キーを押します。 

ファイルまたはフォルダの横にあるアイコンが、「無視」に設定されたことを示す灰色のマイナス記号に変わります。

Windows

  1. パソコンで PowerShell アプリケーションを開きます。
  2. 以下のコードを入力し、ファイル/フォルダのパスのプレースホルダを無視するファイル/フォルダのパスに置き換えます。
Set-Content -Path 'C:\Users\yourname\Dropbox\ (Personal)/YourFileName.pdf'  -Stream com.dropbox.ignored -Value 1
  1. Enter キーを押します。

ファイルまたはフォルダの横にあるアイコンが、「無視」に設定されたことを示す灰色のマイナス記号に変わります。

Linux

  1. パソコンから[ターミナル]アプリケーションを開きます。
  2. 以下のコードを入力し、ファイル/フォルダのパスのプレースホルダを無視するファイル/フォルダのパスに置き換えます。
attr -s com.dropbox.ignored -V 1 /Users/yourname/Dropbox\ \(Personal\)/YourFileName.pdf
  1. Enter キーを押します。 

ファイルまたはフォルダの横にあるアイコンが、「無視」に設定されたことを示す灰色のマイナス記号に変わります。

Dropbox デスクトップ アプリでファイルやフォルダの「無視」を解除する

Dropbox デスクトップ アプリでファイルまたはフォルダの「無視」を解除する:

  1. Dropbox デスクトップ アプリを開きます。
  2. 無視するフォルダを右クリックします。
  3. dropbox.com と同期する]をクリックします。

:Dropbox Business ユーザーはこの機能をご利用いただけません。 Dropbox Business ユーザーは、次のコマンドラインの手順をご利用ください。

コマンドラインでファイルまたはフォルダの「無視」の設定を解除する

Dropbox がファイルまたはフォルダを無視しないようにするには、以下のオペレーティング システム別の手順に沿って操作してください。

Mac

  1. パソコンから[ターミナル]アプリケーションを開きます。
  2. 以下のコードを入力し、ファイル/フォルダのパスのプレースホルダを無視の設定を解除するファイル/フォルダのパスに置き換えます。
xattr -d com.dropbox.ignored /Users/yourname/Dropbox\ \(Personal\)/YourFileName.pdf
  1. Enter キーを押します。 

ファイルまたはフォルダの横にあるアイコンが、「無視」の設定が解除されたことを示す緑色のチェックマークに変わります。

スマート シンクを使用中の場合、設定によっては、このアイコンが「オンラインのみ」または「混在」のアイコンに変わることもあります。各種の同期アイコンおよび各アイコンの意味についてのヘルプ記事もご覧ください

Windows

  1. パソコンで PowerShell アプリケーションを開きます。
  2. 以下のコードを入力し、ファイル/フォルダのパスのプレースホルダを無視の設定を解除するファイル/フォルダのパスに置き換えます。
Clear-Content -Path 'C:\Users\yourname\Dropbox\ (Personal)/YourFileName.pdf' -Stream com.dropbox.ignored
  1. Enter キーを押します。

ファイルまたはフォルダの横にあるアイコンが、「無視」の設定が解除されたことを示す緑色のチェックマークに変わります。

スマート シンクを使用中の場合、設定によっては、このアイコンが「オンラインのみ」または「混在」のアイコンに変わることもあります。各種の同期アイコンおよび各アイコンの意味についてのヘルプ記事もご覧ください

Linux

  1. パソコンから[ターミナル]アプリケーションを開きます。
  2. 以下のコードを入力し、ファイル/フォルダのパスのプレースホルダを無視の設定を解除するファイル/フォルダのパスに置き換えます。
attr -r com.dropbox.ignored /Users/yourname/Dropbox\ \(Personal\)/YourFileName.pdf
  1. Enter キーを押します。 

ファイルまたはフォルダの横にあるアイコンが、「無視」の設定が解除されたことを示す緑色のチェックマークに変わります。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。