Paper ドキュメントまたはフォルダのプライバシー設定を変更する

フォルダ以外の場所に非公開ドキュメントを作成した場合、自分以外のユーザーがそのドキュメントを検索/編集することはできません。他のユーザーとそのドキュメントの共有を開始する際に、ドキュメントを閲覧できるユーザーと、そのユーザーにコメントまたは編集する権限を与えるかどうかを選択することができます。一方、フォルダ内にドキュメントを作成すると、そのフォルダのメンバーであれば誰でもドキュメントを閲覧、検索、編集することができます。

ドキュメントの共有権限を変更するには:

  1. 共有する Paper ドキュメントを開きます。
  2. 青色の[招待]ボタンをクリックします。
  3. 右下にある[設定]タブをクリックします。
  4. このドキュメントを開けるユーザーを選択してください]と[ユーザーの権限を決めてください]で共有オプションをそれぞれ選択します。
  5. 完了]をクリックします。

フォルダの共有権限を変更するには:

  1. 共有するフォルダを開きます。
  2. 青色の[共有]ボタンをクリックします。
  3. 変更]をクリックします。
  4. このフォルダにアクセスできるのは誰ですか?]で共有オプションを選択します。
  5. 完了]をクリックします。

注:

  • 共有フォルダ内のフォルダもすべて自動的に共有されます
  • Dropbox Business または無料チームでは、デフォルトで、メンバー各自の Paper フォルダがチーム メンバー全員に表示されます

ドキュメントからユーザーを削除する

ドキュメントからユーザーを削除できるのは、そのドキュメントの所有者または編集権限を持っているユーザーに限られます。

ドキュメントからユーザーを削除するには

  1. 青色の[招待]ボタンをクリックします。
  2. 目的のユーザーの横にある[編集可能](または[閲覧可能])をクリックします。
  3. 表示されたプルダウン メニューで[削除]をクリックします。

注: 

  • ドキュメントから自分を削除することはできませんが、フォローをやめることは可能です。
  • チームに参加していて、リンク アクセスが有効になっている場合は、ドキュメントの権限を[招待者のみ]に設定するとドキュメントからユーザーを削除できます。これ以外の方法でユーザーを削除することはできません。

自分の Paper フォルダの共有ステータスを確認する

  1. paper.dropbox.com にログインします。
  2. 共有するフォルダをクリックします。
  3. 共有]ボタンの下に、[自分のみ閲覧可能]または[<組織名>のメンバー全員が閲覧可能]のどちらが表示されているのかを確認します。
この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。