パソコン上で Dropbox の高度な再インストールを実行する方法

更新 Jan 10, 2024
person icon

この記事では、すべての Dropbox プランのお客様にご利用できる機能について説明しています。

この記事では、Windows、Mac、Linux デバイスで Dropbox デスクトップ アプリの高度な再インストールを実行する方法について説明します。これは、基本的な再インストールに追加される手順であり、Dropbox デスクトップ アプリケーションの以前のインストールから保存した設定を削除したい場合やサポート チームから問題のトラブルシューティングを勧められた場合に実行します。
 

パソコンから Dropbox デスクトップ アプリを削除するだけの場合は、Dropbox を安全にアンインストールする方法をご覧ください。

再インストールの完了後、ファイルの同期に少々時間がかかる場合があります。dropbox.com やその他のリンク済みデバイスで、オフライン中に Dropbox アカウント内のファイルに変更を加えると、競合コピーが作成される場合があります。

この手順は、このパソコンに以前リンクしていたアカウントと同じアカウントにリンクする場合にのみ行うことができます。必要に応じて、代わりにアカウントを統合できます。

highlighter icon

注:Dropbox モバイル アプリを再インストールする必要がある場合は、Dropbox を iPhone や iPad または Windows Phone で削除して再インストールする方法をご覧ください。Android 版 Dropbox のインストールで問題を解決する方法についてもご覧ください。

高度な再インストールを実行する前に

Dropbox をまだご利用いただいていない場合は、タスク管理が簡単になる Dropbox についての記事をご覧ください。

  1. Dropbox デスクトップ アプリを終了します。
    • システム トレイで Dropbox アイコンをクリックし、アバター(プロフィール写真またはイニシャル)をクリックして、[終了]をクリックします。
    • アバター(プロフィール写真またはイニシャル)をクリックします。
    •  [終了]をクリックします。
  1. パソコンから Dropbox デスクトップ アプリをアンインストールします。
  2. パソコンを再起動します。
  3. Windows レジストリ エディタを開きます。
  4. 「HKEY_LOCAL_MACHINE」という名前のフォルダをダブルクリックして開きます。
  5. そのフォルダ内で、「SOFTWARE」と「WOW6432Node」という名前のフォルダ内を検索して、「Dropbox」フォルダと「DropboxUpdate」フォルダを探します。いずれかのフォルダ、または両方のフォルダ内で見つかるはずです。
  6. 「Dropbox」フォルダと「DropboxUpdate」フォルダを削除します。削除するには、各フォルダを右クリックし、[削除]をクリックします。

    • 注:パソコン上のメインの Dropbox フォルダは削除しないでください。このプロセス中どの時点においても、このフォルダを削除してはなりません。
  7. 「%LOCALAPPDATA%」フォルダを、エクスプローラーを開いて検索します。
  8. そのフォルダ内で「Dropbox」フォルダを削除します。

    • 注:エクスプローラーではパソコン上のメインの Dropbox フォルダ(ファイルが保管されている)は削除しないでください。このプロセス中どの時点においても、このフォルダを削除してはなりません。
  9. 以下のフォルダでステップ 8 ~ 10 を繰り返し、各フォルダ内で「Dropbox」フォルダを削除します:「%APPDATA%」、「%PROGRAMFILES%」、「%PROGRAMFILES(x86)%」。

    • 注:フォルダが見つからない場合、そのフォルダがすでに削除されていることを意味します。その場合は次のステップに進んでください。
  10. Dropbox デスクトップ アプリをダウンロードしてインストールします
    • この時点では、元の Dropbox フォルダはまだパソコン上にあるため、新しいフォルダを作成したくない場合は、ダウンロード画面で[詳細設定]をクリックし、既存の Dropbox フォルダの場所をクリックします。例えば、Dropbox フォルダが「D:\OtherDrive\Folder\Dropbox」にある場合は「D:\OtherDrive\Folder」を選択します。
highlighter icon

File Provider で macOS 版 Dropbox を使用している場合、以下の手順で高度な再インストールを実行することはできません。サポートが必要な場合は、Dropbox サポートにお問い合わせください

  1. Dropbox を実行中であれば、終了します。
    • メニューバーにある Dropbox アイコンをクリックします。
    • アバター(プロフィール写真またはイニシャル)をクリックします。
    •  [終了]をクリックします。
  2. Dropbox をアンインストールする:
    • [Finder]を開きます。
    • アプリケーション]をクリックします。
    • Dropbox アプリをゴミ箱にドラッグ & ドロップします。または、Dropbox アプリのアイコンを右クリックして、[ゴミ箱に入れる]を選択します。
  3. アンインストールが終了したら、パソコンを再起動します。
  4. 残りの Dropbox システム フォルダを削除します。
    • [Finder]を開きます。
    • アプリケーション]をクリックします
    • ターミナル アプリケーションを開きます。 
      • アップデートされた macOS パソコンのターミナル パスは /Applications/Terminal.app です。

        :ターミナル アプリが見つからない場合は、「ユーティリティ」フォルダを確認してください。
    • 次の行を 1 行ずつコピーして、ターミナルに貼り付けます。1 行貼り付けるごとにキーボードで Enter キーを押します。
      • コマンドを手動で入力しないでください。
      • プロンプトが表示されたら、パソコンの管理者用パスワード(Dropbox のパスワードではありません)を入力して、キーボードで Enter キーを押します。
warning icon

重要
こちらの説明では、Dropbox フォルダがデフォルトのパスにあることを前提としています。Dropbox フォルダを別の場所に保存している場合、すべての ~/Dropbox を Dropbox フォルダの場所を示す完全なパスに置き換えて引用符で囲みます。たとえば、Dropbox フォルダがパス「/Volumes/DifferentPlace/Dropbox」にある場合、以下の手順の「~/Dropbox」の部分を「/Volumes/DifferentPlace/Dropbox」に置き換える必要があります。

sudo chown "$USER" "$HOME"

sudo chown -R "$USER" ~/Dropbox

sudo chmod -R u+rw ~/Dropbox

sudo mv ~/.dropbox ~/.Trash/dropbox.old

sudo chmod -N ~

sudo mv /Library/DropboxHelperTools ~/DropboxHelperTools.old
warning icon

重要:チーム アカウントに参加している場合は、チーム用 Dropbox の名前がフォルダ パスに含まれます。そのため、上記の行に「/Dropbox」ではなく「/Dropbox [チーム名]」と入力する必要があります。

5. Dropbox デスクトップ アプリの最新バージョンをダウンロードします。 今すぐダウンロードできます。

6. ダウンロード先のフォルダを開いて、インストール ファイルをダブルクリックします。

7. 再インストールする前の選択型同期の基本設定を適用します。

8. Dropbox フォルダの場所を選択します(デフォルトの場所以外に保存する場合)。

warning icon

重要:この手順を行うと、それ以前の Dropbox 基本設定や構成が削除されるため、Dropbox のコンテンツを再度同期したくない場合は、Dropbox の同期先を手動で選択する必要があります。同期先を手動で選択しないと、新しい Dropbox フォルダを作成してコンテンツをもう一度同期することになります。

  1. ドライブ上に設置済みの Dropbox フォルダを選択するには、同期先のフォルダを選択した後に[詳細設定]をクリックします。
  2. 設置済みの「Dropbox」フォルダの親フォルダを選択します。たとえば、Dropbox フォルダのパスが「/Volumes/DifferentPlace/Dropbox”」の場合は、フォルダ「/Volumes/DifferentPlace」を選択します。

ご利用のオペレーティング システムやインストール時に使用したパッケージによっては、Dropbox ファイルを 2 つの場所で保存している可能性があります。この記事で紹介している手順は、両方の場合を前提としていますので、一部のコマンドがエラーとなる可能性があります。

  1. ターミナル アプリケーションを開きます。
  2. 次の行を 1 行ずつコピーして、ターミナルに貼り付けます。1 行貼り付けるごとにキーボードで Enter キーを押します。
    • コマンドを手動で入力しないでください。
    • コマンドを入力すると、パソコンのパスワード(Dropbox で使用するパスワードではありません)を入力するよう求められる場合があります。ターミナル内のパスワード フィールドは、パスワードを入力しても空欄のままで何も表示されません。入力後に、キーボードで Enter キーを押します。
    • 最初のテキスト行(プロンプト)が表示されたら、これらの指示が正常に完了したということになります。

      警告重要:以下のコマンドでは、Dropbox フォルダがデフォルトのパスにあることを前提としています。Dropbox フォルダを別の場所に保存している場合、すべての ~/Dropbox インスタンスを Dropbox フォルダの場所を示す完全なパスに置き換えて、クオーテーション マークで囲みます。たとえば、Dropbox フォルダがパス「/Volumes/DifferentPlace/Dropbox」にある場合、以下のコマンド ラインの「~/Dropbox」の部分を「/Volumes/DifferentPlace/Dropbox」に変更します。 

    • コマンドの後にターミナル プロンプトが再度表示されたら、リクエストされたタスクの手順が完了したことを意味するので、次のコマンドを貼り付けることができます。1 時間経っても応答がない場合は、パソコンを再起動して、このステップを繰り返してみてください。
  3.  

`dropbox stop`
`dropbox status  # Should report "not running"`
`rm -rf ~/.dropbox-dist`
`rm -rf /var/lib/dropbox`
`rm -rf ~/.dropbox*`
`sudo apt-get remove nautilus-dropbox`
`sudo apt-get remove dropbox`
`rm /etc/apt/source.d/dropbox`
`sudo chown "$USER" "$HOME"`
`sudo chown -R "$USER" ~/Dropbox`
`sudo chattr -R -i ~/Dropbox`
`sudo chmod -R u+rw ~/Dropbox`
highlighter icon

注:これらのフォルダを削除しても、Dropbox フォルダに保存しているファイルは削除されませんのでご安心ください。

warning icon

重要:チーム アカウントに参加している場合は、チーム用 Dropbox の名前がフォルダ パスに含まれます。そのため、上記の行に「/Dropbox」ではなく「/Dropbox [チーム名]」と入力する必要があります。

3. パソコンを再起動します。

  • グラフィカル ユーザー インターフェースを備えたサポート対象の Linux ディストリビューションにインストールする場合:
    • ご利用のオペレーティング システムとアーキテクチャに対応する正しいパッケージをダウンロードします。こちらから今すぐダウンロードできます。
    • ダウンロード先のフォルダを開いて、インストール ファイルをダブルクリックします。
    • 再インストールする前の選択型同期の基本設定を適用します。
    • Dropbox フォルダの場所を選択します(デフォルトの場所以外に保存する場合)。
warning icon

重要:この手順を行うと、それ以前の基本設定や構成が削除されるため、Dropbox のコンテンツを再度同期したくない場合は、Dropbox の同期先を手動で選択する必要があります。同期先を手動で選択しないと、新しい Dropbox フォルダを作成してコンテンツをもう一度同期することになります。

  1. ドライブ上に設置済みの Dropbox フォルダを選択するには、同期先のフォルダを選択した後に[詳細設定]をクリックします。

サポートされているヘッドレス Linux にインストールする場合:

  1. ターミナルに次のコマンドを入力します。
  • 32 ビットのパソコンをご利用の場合:
cd ~ && wget -O - "https://www.dropbox.com/download?plat=lnx.x86" | tar xzf -
  • 64 ビットのパソコンをご利用の場合:
cd ~ && wget -O - "https://www.dropbox.com/download?plat=lnx.x86_64" | tar xzf -
2. 新規作成した .dropbox-dist フォルダから Dropbox デーモンを実行します。
~/.dropbox-dist/dropboxd

3. Dropbox のインストールが完了したら、ログインして、再インストールする前の基本設定を除外項目のリストに適用します。

インストールと CLI 情報の詳細については、こちらをご覧ください。

この記事は役立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、改善が必要な点をご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどの程度役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。