Dropbox アカウントからファイルを削除した場合

更新 Feb 11, 2024

Dropbox からファイルを削除すると、そのファイルはアカウント内のどのフォルダにも表示されなくなります。ただし、復元期間が終了するまで削除されることはありません。

  • Dropbox Basic、Dropbox Plus、Dropbox Family アカウント:30 日以内であれば削除したファイルを復元できます
  • Dropbox Professional アカウントとチーム用 Dropbox Standard アカウント:180 日以内であれば削除したファイルを復元できます。
  • チーム用 Dropbox Advanced アカウントと Dropbox Enterprise アカウント:365 日以内であれば削除したファイルを復元できます。
warning icon

重要:標準的なファイル復元期間とオプションは、[送信とトラッキング]から直接削除されたファイルには適用されません。[送信とトラッキング]からのファイルの削除は永続的であり、ファイルが削除されると、関連するメタデータやデータ分析を復元することはできません。

この復元期間を過ぎると、通常 90 日以内にすべてのファイルが削除されます。ただし、削除対象となるファイルの数により、削除を完了するまでにさらに数日かかる場合もあります。
highlight icon

:ファイルは、データ処理ポリシーの対象となる場合、復元期間の終了前に削除されることがあります。

ファイルやフォルダを完全に削除した場合

ファイルやフォルダを完全に削除すると、どのフォルダにも表示されなくなり、復元もできなくなります。

共有フォルダを削除した場合

共有フォルダからファイルを削除した場合、そのフォルダのメンバーであれば誰でもファイルを復元できます。

共有フォルダを保持している場合

  • フォルダを完全に削除すると、そのフォルダはメンバー全員の Dropbox アカウントから削除され、メンバーのアクセス権も完全に削除されます。
  • メンバーにフォルダのコピーを残す場合は、共有フォルダを削除するのではなく、フォルダの共有を解除してください。

他のユーザーが所有している共有フォルダの場合:

  • フォルダを完全に削除すると、あなたの Dropbox アカウントからフォルダが削除されます。
  • フォルダの他のメンバーは引き続きアクセスできます。

データ破壊のメカニズム

Dropbox では、安全な削除プロセスで Dropbox サーバーからデータを削除します。さらに、Dropbox のストレージ ディスクが耐用年数に達した、または破損した場合は、廃棄処理を行って、データが復元不可能な状態になるまでディスクを物理的に破壊します。Dropbox のサード パーティ サービス プロバイダも、それぞれが管理を担当するメディアについて、安全な処理手順を定めています。Dropbox をまだご利用いただいていない場合は、ファイルの復元や履歴の確認が簡単になる Dropbox についての記事をご覧ください。

[送信とトラッキング]ファイルを削除するとどうなりますか?

送信とトラッキング]でのファイル コピーの削除は永続的です。ソース ファイルがそのまま残されている場合でも、そのファイルに関連付けられたメタデータとデータ分析は復元できません。[送信とトラッキング]でファイルを削除しても、Dropbox アカウント、ローカル ドライブ、OneDrive、Google ドライブ、または「送信とトラッキング」フォルダ内のソース ファイルには影響しません。
ファイル コピーを「送信とトラッキング」フォルダから削除すると、[送信とトラッキング]に保存されているファイルと、関連するメタデータと分析が自動的に削除されます。ファイルのコピーを復元すると、[送信とトラッキング]ファイルとそのデータが復元されます。

「送信とトラッキング」フォルダ内のファイルは、ストレージ容量を使用し、ストレージ制限にカウントされます。
Dropbox アカウントから元のファイルを削除すると、そのファイルと関連するメタデータや分析も[送信とトラッキング]から自動的に削除されます。元のファイルのコピーを復元すると、[送信とトラッキング]ファイルとそのデータが復元されます。
この記事は役立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、改善が必要な点をご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどの程度役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答