Dropbox アカウントからファイルを削除した場合

Dropbox からファイルを削除すると、そのファイルはアカウント内のどのフォルダにも表示されなくなります。ただし、復元期間が終了するまで完全に削除されることはありません。

  • Dropbox Basic と Dropbox Plus アカウント:30 日以内であれば削除したファイルを復元できます
  • Dropbox Professional と Dropbox Business アカウント:180 日以内であれば削除したファイルを復元できます

この復元期間を過ぎると、通常 60 日以内にすべてのファイルが完全に削除されます。

Dropbox をまだご利用いただいていない場合は、ファイルの復元や履歴の確認が簡単になる Dropbox についての記事をご覧ください。

ファイルやフォルダを完全に削除した場合

ファイルやフォルダを完全に削除すると、どのフォルダにも表示されなくなり、復元もできなくなります。

共有フォルダを削除した場合

共有フォルダからファイルを削除しても、フォルダのメンバーであれば誰でも復元できます。

自分が所有している共有フォルダの場合:

  • フォルダを完全に削除すると、そのフォルダはメンバー全員の Dropbox アカウントから削除され、メンバーのアクセス権も完全に削除されます
  • メンバーにフォルダのコピーを残す場合は、共有フォルダを削除するのではなくフォルダの共有を解除してください

他のユーザーが所有している共有フォルダの場合:

  • フォルダを完全に削除すると、あなたの Dropbox からフォルダが削除されます
  • 他のメンバーは全員、引き続きアクセスできます

データ破壊のメカニズム

Dropbox では、安全な削除処理方法を使って Dropbox サーバーからデータを削除します。さらに、Dropbox のストレージ ディスクが耐用年数に達したり、破損したりした場合は、廃棄処理を行って、データが復元不可能な状態になるまでディスクを物理的に破壊します。Dropbox のサードパーティ サービス プロバイダも、それぞれが制御を担当するメディアについて、安全な処理手順を定めています。

Dropbox のご利用は初めてですか?

Dropbox を初めてご利用になる方、久しぶりに使うので基本をおさらいしておきたいという方に、Dropbox アカウントのノウハウについて自分のペースで進められるトレーニング クラスバーチャルでインストラクターが説明するトレーニング クラスをご用意しています。 

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。