Dropbox スマート シンクの使い方

この機能は Dropbox Plus、Family、Professional、Business プランのみでご利用いただけます。

Dropbox Business 管理者の方が、チームのデフォルトのスマート シンク設定を管理する場合は、こちらの記事をご覧ください

スマート シンクは Dropbox デスクトップ アプリの機能で、ファイルをオンラインのみに設定し、パソコンのハード ドライブ容量を節約できます。[オンラインのみ]に設定するファイルは自分で選択できますが、スマート シンクが自動で選択するように設定することもできます。

注:選択したスマート シンク設定はパソコンごとに固有のものです。Dropbox を使用している他のパソコンには適用されません。

ファイルやフォルダをオンラインのみ、またはローカルに設定する

スマート シンクを使用してファイルやフォルダを[オンラインのみ]に手動で設定するには:

  1. エクスプローラー(Windows)もしくは Finder(Mac)を開きます。
  2. Dropbox フォルダを開きます。
  3. [オンラインのみ]に設定するファイルまたはフォルダを右クリックします。
  4. スマート シンク]にカーソルを合わせます。
  5. オンラインのみ]をクリックします。ファイルを再度パソコンのハード ドライブに保存したい場合は、[ローカル]をクリックします。

オンラインのみのコンテンツ アイコン「オンラインのみ」について

スマート シンクをオンにしたことがない場合や、ファイルやフォルダをオンラインのみに設定した場合は、パソコン上の Dropbox フォルダ内のすべてのファイルとフォルダが「ローカル」になります。つまり、パソコンのハード ドライブと Dropbox アカウントの両方の容量を消費し、オンラインでもオフラインでも利用できます。

ファイルまたはフォルダをオンラインのみに設定した場合、パソコンの Dropbox フォルダにはファイルやフォルダが表示されますが、単なるプレースホルダーとなっており、インターネットに接続している場合にのみ開くことができます。Dropbox はパソコンのハード ドライブから削除されるため、オンラインで Dropbox アカウントの容量だけを消費します。

オンラインのみのファイルを開くと、Dropbox によって自動的に再び「ローカル」に変更されますが、いつでも[オンラインのみ]に戻すことができます。

スマート シンクと選択型同期の違い

選択型同期もハードド ライブからファイルを削除して オンラインのみにすることで、ハード ドライブの容量を節約することができます。ただし、これらのファイルはパソコンの Dropbox フォルダには表示されません。

自動スマート シンク

自動スマート シンクをオンにすると、数か月間パソコンで開かなかったファイルが自動的に[オンラインのみ]に設定され、オンラインに新しく追加したファイルがデフォルトで[オンラインのみ]になります。これにより、定期的に使用しないファイルによってパソコンの容量が消耗されないようになります。

自動スマート シンクをオンにするには

  1. Dropbox デスクトップ アプリの基本設定を開きます。
  2. 同期]タブをクリックします。
  3. ハード ドライブの容量を自動で節約]でオン]を選択します。

注:パソコン上のアプリケーションを正常に機能させるために[ローカル]に設定する必要があるファイルの場合、自動スマート シンクはファイルを一時的に[ローカル]に設定し、後で[オンラインのみ]に戻します。

ウェブに追加するファイルをデフォルトで[オンラインのみ]に設定する

dropbox.com に追加するすべてのファイルをデフォルトで[オンラインのみ]にするには:

  1. Dropbox デスクトップ アプリの基本設定を開きます。
  2. 同期]タブをクリックします。
  3. ウェブに追加したファイルのデフォルトの保存先]の横にあるプルダウンメニューをクリックし、[オンラインのみ]を選択します。
    • 自動スマート シンクがオンの場合、ファイルのデフォルト設定がすでに[オンラインのみ]になっているため、このオプションを選択することはできません。

オンラインのみのファイルがまだ容量を使用していると表示されるのはなぜですか?

[オンラインのみ]に設定したファイルは、プレースホルダーにファイル名と dropbox.com へのショートカットを保管するための容量が必要ですが、ファイル自体の容量よりもはるかに少ない容量しか使用しません。

macOS High Sierra 10.13 以降でスマート シンクを使用している場合、Mac 設定でストレージ容量を管理しようとすると、オンラインのみのファイルが容量を使用しているように見えることがあります。

これはファイルのサイズが「物理サイズ」ではなく、「論理サイズ」を基準に算出されていることに起因しています。

実際にストレージ容量を消費しているファイルを確認するには、オンラインのみのファイルの論理サイズと物理サイズがどちらも[0]に設定されるよう Dropbox の設定を変更してください。手順は次のとおりです。

  1. dropbox.com にログインします。
  2. 右上にあるアバター(プロフィール写真またはイニシャル)をクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4. Mac 版スマート シンクのアップデート]をオンにします。
    • :この設定の更新処理には時間がかかることがあります。数分経っても更新が反映されない場合は、一旦 Dropbox デスクトップ アプリを閉じて、もう一度開いてください。

スマート シンクのシステム要件

Mac:OS X Mavericks(10.9)

Windows:7 以上

注:モバイル デバイスではスマート シンクを使用することはできませんが、モバイル デバイスで Dropbox ファイルをオフラインで使用できるように設定できます

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。