デスクトップ アプリの設定を変更する

Dropbox デスクトップ アプリは Linux、macOS、Windows オペレーティング システムでご利用いただけます。設定メニューを開くと、Dropbox アプリの設定をカスタマイズできます。

この記事のセクション:

基本設定メニューにアクセスする方法

  1. パソコンのシステム トレイまたはメニュー バーに表示されている Dropbox アイコンをクリックします。
  2. プロフィール写真またはイニシャルをクリックして、メニューで[基本設定...]を選択します。

Linux、macOS、Windows のいずれのオペレーティング システムをご利用かによって、設定メニューには下記のオプションの一部またはすべてが表示されます。Linux ではコマンドを使用して設定の一部を変更することができます。

[全般]タブの設定

システム起動時に Dropbox を開始する

パソコンの起動時に、Dropbox を自動的に開始することができます。このオプションは、Dropbox フォルダをオンライン上や他のパソコンと常に同期する場合におすすめします。

言語

デフォルトのオペレーティング システム設定から違う言語を特定するには、このメニューから選択します。

Dropbox バッジ

Microsoft Office ファイルを開くごとに Dropbox バッジを表示する、他のユーザーがファイルを閲覧中の場合にのみ Dropbox バッジを表示する、もしくはバッジを非表示にするオプションを選択してください。

Dropbox について

現在インストールされている Dropbox のバージョンはこちらです。この番号はサポート ケースや、Dropbox の最新バージョンの確認で必要になります。

[アカウント]タブの設定

個人用とビジネス用アカウント

個人用アカウントとビジネス用アカウントをお持ちの場合、どちらのアカウントの設定を変更するか選択できます。

スペース キー

アカウントで利用可能なストレージ容量が表示されます。

リンク中のアカウント

Dropbox アカウントに関連付けられているメール アドレスは、こちらに表示されます。ご利用のパソコンとのリンクを解除するには[この Dropbox のリンクを解除]をクリックします。リンクを解除すると、Dropbox はオンライン アカウントの同期を停止します。同じボタンを使用して、リンクを解除したパソコンと任意の Dropbox アカウントを再リンクすることができます。

Dropbox Business ユーザー対象:個人用とビジネス用 Dropbox をリンクしている場合、両方のアカウントの設定がこのタブにリストされます。このタブの上部にあるボタンで 2 つの Dropbox を切り替えることができます。

[インポート]タブの設定

カメラアップロード

カメラアップロードは、ご利用のスマートフォン、カメラ、SD カードやその他のメディア デバイスをパソコンに接続すると、写真や動画を自動的にアップロードします。[Dropbox のカメラ インポートを有効にする]をクリックして、カメラアップロードをオンまたはオフにします。また、カメラアップロードを有効にするメディアも選択できます。

Dropbox Business ユーザー対象:個人用とビジネス用 Dropbox アカウントをリンクしている場合、カメラアップロード機能は個人用 Dropbox でのみご利用いただけます。

スクリーンショット

スクリーンショットを撮ると Dropbox に自動的に保存され、リンクはクリップボードにコピーされるため、スクリーンショットを瞬時に共有できます。

Dropbox Business ユーザー対象:個人用とビジネス用 Dropbox アカウントをリンクしている場合、スクリーンショットの保存先となる Dropbox アカウントを選択できます。

[バンド幅]または[ネットワーク]タブの設定

Mac パソコンでバンド幅設定を変更するには、[ネットワーク]をクリックしてから[バンド幅]の横にある[設定を変更...]をクリックします。

ダウンロード速度

  • 制限しない:Dropbox サーバーから最高速度でファイルをダウンロードする場合は、このラジオ ボタンを選択します。
  • 制限速度:ダウンロード速度(キロバイト/秒)を入力して、速度を制限することができます。「0」と入力すると、Dropbox は最高速度でダウンロードを行います。

アップロード速度

  • 制限しない:Dropbox から最高速度でファイルをアップロードする場合は、このラジオ ボタンを選択します。
  • 自動制限:同期する際に Dropbox にファイルのアップロード速度を決定させる場合は、このラジオ ボタンを選択します。
  • 制限速度:アップロード速度(キロバイト/秒)を選択することができます。

LAN 同期

LAN 同期はネットワーク機能で、ローカル ネットワーク上の他のパソコンからファイルを直接ダウンロードするため、時間とバンド幅を節約することができます。このオプションの選択を解除すると、Dropbox はご利用の Dropbox フォルダで変更が検出されるたびに、Dropbox サーバーからの同期を強制します。

[プロキシ]または[ネットワーク]タブの設定

Mac パソコンでプロキシ設定を変更するには、[ネットワーク]をクリックしてから[プロキシ]の横にある[設定を変更...]をクリックします。

プロキシ設定

  • プロキシなし:プロキシ サーバーを使用しない場合に選択します。このオプションを選択すると、Dropbox がプロキシ サーバーの検出を失敗した際に発生する問題が回避される場合があります。
  • 自動検出:Dropbox がプロキシ設定を自動検出します。ご利用のインターネット接続にプロキシ サーバーが必要かどうか不明な場合は、このオプションを選択します。
  • 手動:プロキシ設定を手動で入力する場合は、このラジオ ボタンを選択します。通常、このオプションはプロキシ サーバーをカスタム設定しているユーザーもしくは管理者向けです。

手動]を選択した場合、次の設定を編集できます。

  • プロキシの種類:プルダウン メニューからプロキシ サーバーのプロトコルを選択できます。Dropbox は HTTP、SOCKS4、SOCKS5 をサポートします。
  • サーバー:URL とプロキシ サーバーのポートを入力します。
  • プロキシ サーバーはパスワードを要求します:プロキシ サーバーにログインが必要な場合は、このチェックボックスをオンにします。選択すると[ユーザー名]と[パスワード]フィールドが編集可能になります。

[通知]タブの設定

自分に通知する

基本設定で受信する通知を選択することができます。

通知を表示しない

Mac パソコンで一時的に通知をオフにすることができます。通知をオフにする時間を選択してください。

[同期]タブの設定

選択型同期

選択型同期なら、自分の Dropbox オンライン アカウントからパソコン上の Dropbox フォルダに同期するフォルダを選択することができます。フォルダの選択を解除すると Dropbox フォルダには表示されませんが、dropbox.com のアカウントに保管されています。あまり使用しないファイルに選択型同期を使用することをおすすめします。

スマート シンク

スマート シンクは Dropbox Business、Plus、Professional でのみご利用いただけます。

ローカル]に設定すると、dropbox.com でアカウントに追加した新しいファイルとフォルダは、パソコンのハード ドライブ上の Dropbox フォルダにダウンロードされます。

オンラインのみ]に設定すると、dropbox.com でアカウントに追加した新しいファイルとフォルダは、パソコン上の Dropbox フォルダに表示されますが、保管場所はオンラインのみとなります。

注:スマート シンクの設定は、メインの Dropbox フォルダ内のトップレベル フォルダにのみ適用されます。下位レベルのすべてのファイルやフォルダには、個別の設定を変更しない限り、親フォルダの設定が適用されます。

チームのデフォルト設定を使用するには、[管理者にこの設定の管理を許可する]を選択します。

同期設定に関するよくある質問

スマート シンクを[オンラインのみ]に設定しているのに、パソコンにファイルがダウンロードされるのはどうしてですか?

スマート シンクを[オンラインのみ]に設定しているのに、パソコン上の Dropbox フォルダにファイルがダウンロードされる理由は 2 つあります。

  • ファイルやフォルダを Dropbox フォルダに追加したときに、すでに同じものが保存されていた。
    • この場合、ファイルやフォルダを[オンラインのみ]に設定しない限り、引き続きハード ドライブの容量を使用します。
    • 注:選択型同期でパソコンから同期を解除することもできます。
  • ファイルをダウンロードしなければ適切に動作しないアプリケーション(以下を参照)を使用している。
    • バックアップ サービス
    • ウイルス対策ソフト
    • 最近使ったファイルのリスト
    • ファイルを監視するサードパーティ製アプリケーション

選択型同期を使用した後で、スマート シンクを[ローカル]に設定しているのにフォルダが[オンラインのみ]になっているのはどうしてですか?

スマート シンク(Dropbox Business、Plus、Professional でのみ利用可能)を使用していても、選択型同期で dropbox.com から パソコン上の Dropbox フォルダにフォルダを同期することは可能です。選択型同期で同期したフォルダは、スマート シンクの設定に関係なく[オンラインのみ]としてパソコンに同期されますが、いつでも[ローカル]に変更できます。

フォルダを[オンラインのみ]から[ローカル]に変更するには:

  1. フォルダを右クリックします。
  2. スマート シンク]にカーソルを合わせます。
  3. ローカル]をクリックします。

Dropbox フォルダの場所

このオプションを使用して、Dropbox フォルダの場所を変更します。通常、Dropbox のフォルダはご利用のユーザー フォルダ(ログイン名と同じフォルダ)にインストールされていますが、このオプションでハード ドライブ上の任意の場所を選択することができます。

注:「Dropbox」フォルダの場所を選択することはできますが、現時点では「Dropbox」フォルダの名前は変更できません。フォルダの場所にかかわらず、Business アカウントの場合は「Dropbox」または「Dropbox(チーム名)」となり、リンクされている個人用アカウントの場合は「Dropbox(個人用)」となります。

Dropbox のご利用は初めてですか?

Dropbox を初めてご利用になる方、久しぶりに使うので基本をおさらいしておきたいという方に、Dropbox アカウントのノウハウについて自分のペースで進められるトレーニング クラスバーチャルでインストラクターが説明するトレーニング クラスをご用意しています。 

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。