チーム フォルダで企業データを一括管理する方法

一部のチームでは、チーム フォルダ構造が新しくなっています。 dropbox.com に人物のアイコンが付いた紫色のフォルダが表示されている場合は、新しいチーム スペースへのアクセスが許可されています。チーム スペースについての詳細をご覧ください。

紫色のフォルダが表示されていない場合は、通常のチーム フォルダです。詳細は続きをご覧ください。

Dropbox をまだご利用いただいていない場合は、ファイルの権限管理が簡単になる Dropbox についての記事をご覧ください。

チーム フォルダは、チームのファイルを整然と管理してメンバー間の同期に役立ちます。チーム フォルダは管理者が作成するフォルダで、企業が所有する場所でチーム メンバーや外部の協力者と同じプロジェクトを進行させる場合に、ファイルの共有先として使うことができます。

この記事では、次の操作の手順をご説明します。

  • チーム フォルダを作成する
  • チーム フォルダの同期設定を管理する
  • 特定のユーザーにアクセス権を設定する

まず、チーム フォルダを Dropbox グループと共有します。このグループには似たような業務を行うメンバーが参加します(例:ファイナンス グループ)。チーム フォルダを作成した管理者が、各グループに適切なアクセス レベル(閲覧/編集可能)を設定します。

チーム フォルダ内に作成したサブ フォルダは、各チーム メンバーやチーム外のユーザーと共有することもできます。グループと同様に、管理者はサブフォルダの各メンバーの閲覧または編集の権限を設定できます。

グループを開始するには次の手順に従ってください。

  1. 管理者のアカウント情報を使用して dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. コンテンツ]をクリックします。
  4. チーム フォルダを作成する]をクリックします。
  5. チーム フォルダ名を指定します。
  6. チーム フォルダにアクセスする必要があるグループ(複数可)を追加し、そのグループに閲覧または編集のアクセス権を許可するか決定します。
    • グループを作成するにはグループ ページにアクセスしてください
    • チーム フォルダは個人ではなく Dropbox グループと共有するものです

次に、企業内外の個人とチーム フォルダのサブフォルダを共有する場合についてご説明します。サブ フォルダ(チーム フォルダ内のフォルダ)を作成するには:

  1. [チーム フォルダ]をクリックします。
  2. 任意の場所を右クリックし、[新規フォルダ]をクリックします。
  3. サブフォルダ名を指定します。
  4. サブフォルダを作成したら、サブフォルダにカーソルを合わせて[アクセスを管理]をクリックします。
    • サブ フォルダは個人または他のグループと共有することができます。また、権限を[編集可能]または[閲覧可能]に変更することができます
  5. アクセス権が適切か確認します。

企業データを一括管理するには、チーム メンバーに各自が所有する共有フォルダをチーム フォルダに移動するようにリクエストしてください。共有フォルダの所有者は、自分が所有する共有フォルダをチーム フォルダに移動することができます。この手順で、共有フォルダの所有者はファイルの所有権を自分から企業に移行することができます。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。