ファイルの紛失や破損について Dropbox サポートに問い合わせる

ファイルを紛失または破損した場合は、Dropbox サポートに問い合わせずにファイルを見つけたり復元する方法がいくつかあります。紛失または破損したファイルを見つけて復元する方法はこちらをご覧ください
Dropbox Plus と Professional アカウントでは、Dropbox 巻き戻し機能でアカウントを指定した時点の状態に戻すことができます。アカウントをアップグレードする方法をご覧ください

サポートに問い合わせる場合:

  1. Dropbox サポート宛てにメールを作成します
  2. [イベント]ページにアクセスします。このページにはすべてのファイル アクティビティが記録されています。
  3. 取り消しまたは復元したいイベントをクリックします。
  4. ブラウザのアドレス フィールドからリンクをコピーします(イベントのリンク例:https://www.dropbox.com/event_details/####)。
  5. メールの[復元リンク]の入力欄にこのリンクを貼りつけます。必要に応じて複数のリンクもコピーできます。
    • アカウント全体を巻き戻す:取り消したいイベントのうち一番古いイベントのリンクをコピーします
    • 共有フォルダを巻き戻す:取り消したい共有フォルダの中で一番古いイベントのリンクをコピーします
  6. 送信]をクリックします。

復元するファイルが 1 件だけの場合は、[削除したファイル]ページを確認してください。

ファイルを前のバージョンに戻したい場合は、そのファイルのバージョン履歴を確認してください。

取り消したいイベントのリンクをコピーしてメールに貼り付けます。
取り消したいイベントからリンクをコピーします。

イベント リンクが見つからない場合

問題に関連するイベントが見つからない場合は、Dropbox サポートにメールでお問い合わせください。その際、以下についてできるだけ詳しい情報をご提供ください。

  • 実行したい操作の種類
    • イベントの取り消し(複数可)
    • 共有フォルダの巻き戻し(複数可)
    • Dropbox アカウント全体の巻き戻し
  • ファイルが影響を受けたまたはファイルを紛失したおおよその日付

複数のイベントを取り消したい、または特定のファイルを復元したい場合は、以下も記載してください。

  • 探しているファイルまたは復元したいファイルの名前
  • 当該ファイルへのおおよそのファイル パス
    • 例:Dropbox/写真/イタリア/ベネチア/1001.pdf

Dropbox がお客様のアカウントで操作できるよう、以下の声明をコピーしてメールに貼り付けてください。

「Yes, I understand what a restoration will do, and I give you permission to take this action in my Dropbox account.」(はい、私は復元で実行される操作について理解しており、Dropbox アカウントに対するこの操作の実行を許可します。)

完全に削除する際の注意点

完全に削除したファイルや、アカウントのバージョン履歴の期間を過ぎて削除したファイルについては、Dropbox サポートでも復元できなくなります。

  • Dropbox Basic と Plus アカウントでは、編集または削除してから 30 日以内のファイルであれば復元できます
  • Dropbox Business アカウントでは、編集または削除してから 120 日以内のファイルであれば復元できます
  • Dropbox Professional アカウントでは、編集または削除してから 180 日以内のファイルであれば復元できます
この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。