メンバー アクセスのレポートを作成する方法

更新 Nov 04, 2023
person icon

この記事では、チーム用 Dropbox アカウントの特定の種類の管理者が利用できる機能について説明します。

メンバー アクセス レポートは、個々のチーム メンバーがアクセスできるパスを示すことによって、管理者がメンバー ストレージのパターンを特定するのに役立ちます。このレポートは、単一のメンバーに対して実行されます。

誰がメンバー アクセス レポートを作成できますか?

特定の種類の管理者は、メンバー アクセス レポートを .csv ファイル形式で管理コンソールから直接エクスポートできます。次の管理者は、この種類のレポートを生成できます。

  • チーム管理者
  • ユーザー管理者
  • レポート管理者
  • セキュリティ管理者

メンバー アクセス レポートには何が含まれますか?

メンバー アクセス レポートには、次の各列が含まれます。

  • パス:これは、各行のフォルダのパスです。パスに表示される詳細レベルは、フォルダの種類によって異なります。
  • フォルダの種類:この列には、フォルダの種類が記載されます。次のようなフォルダの種類があります。
    • チーム フォルダ:チーム フォルダの場合は、そのチーム フォルダのルート パスのみが表示されます。
    • 共有フォルダ:この共有フォルダは、内部的または外部的に所有できます。外部所有の共有フォルダは、チームの Dropbox アカウントに追加されている場合にのみ、このレポートに含まれます。共有されたフォルダの最上位ルートが表示されます。
    • プライベート フォルダ:これはチーム メンバーの個人用スペースです。パスはチーム メンバーの名前になります。
  • 内部または外部:フォルダが内部所有か外部所有かを示します。外部所有のフォルダとは、Dropbox チーム外のユーザーが所有しているフォルダです。
highlight icon

注: 「いいえ」でフィルタリングすると、外部所有のすべての共有フォルダのリストが表示されます。

  • フォルダ所有者:この列には、この行のフォルダの所有者が示されます。
    • 個人用フォルダには、フォルダを所有するチーム メンバーのメール アドレスが表示されます。このレポートに表示されるのは、レポートを実行したチーム メンバーの個人用フォルダのみです。
    • チーム フォルダと内部所有の共有フォルダは、「チームが所有」と表示されます。
    • 外部所有の共有フォルダには、フォルダをチームと共有したユーザーのメール アドレスが表示されます。
  • サイズ(MB):このパス内に含まれるデータの量です。
highlight icon

注:このレポートは、このメンバーの何にアクセスできるかを示すものであり、記載のデータ量は、ユーザーが消費しているチームのストレージ容量に加算されません。

  • ファイル数:この列には、このパスに含まれるファイルの数が表示されます。

メンバー アクセスのレポートを作成する方法

メンバー アクセス データを .csv ファイル形式でエクスポートするには:

  1. dropbox.com で管理者のアカウント情報を使用してログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. 左側のサイドバーで[メンバー]をクリックします。
  4. 個々のユーザーの横にある歯車のアイコンをクリックします。
  5. アクセス レポートを作成]をクリックします。

生成が完了すると、Dropbox フォルダ「Dropbox Business レポート」にレポートが表示されます。名前は「YYYY-MM-DD/<メンバー名>/<アクセス詳細レポート>」になります。あなたが共有しない限り、他の誰もそれにアクセスすることはできません。レポートの準備ができるとメール通知が送られます。

highlight icon

注:チーム メンバーの人数が多い場合、レポートが生成されるまでに時間がかかることがあります。ただし、1 時間経ってもメール通知が届かない場合は、レポートの生成を再試行してみてください

この記事は役立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、改善が必要な点をご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどの程度役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。