チーム ストレージのレポートを作成する方法

更新 Jan 10, 2024
person icon

この記事では、チーム用 Dropbox アカウントの特定の種類の管理者が利用できる機能について説明します。

チーム ストレージ レポートは、チームのストレージ容量がどのコンテンツにより占められているかをチームが把握するのに役立ちます。レポートには、以下に保持されている情報の量が表示されます。

  • チーム フォルダ
  • 共有フォルダ(内部または外部)
  • 非公開のフォルダ
highlight icon

メモ: 外部所有のコンテンツがチームのストレージ使用量に加えられるのは、そのコンテンツがチームの Dropbox アカウントに追加されている場合のみです。

チーム ストレージ レポートを作成できるのは誰ですか?

次の管理者は、この種類のレポートを生成できます。

  • チーム管理者
  • ユーザー管理者
  • レポート管理者
  • セキュリティ管理者

チーム ストレージ レポートには何が含まれますか?

チーム ストレージ レポートには、フォルダごとに 1 行が含まれます。これは次のものを示します。 

  • パス:これは、各行のフォルダのパスです。表示される詳細レベルは、フォルダの種類によって異なります。
  • フォルダの種類:この列には、さまざまな種類のフォルダが記載されます。
    • チーム フォルダ:チーム フォルダのルート パスのみが表示されます。
    • 共有フォルダ:この共有フォルダは、内部的または外部的に所有できます。外部所有の共有フォルダは、チームの Dropbox アカウントに追加されている場合にのみ、このレポートに含まれます。外部所有のフォルダがチームの Dropbox アカウントに追加されていない場合、そのフォルダはストレージ容量にカウントされず、含まれません。共有されたフォルダの最上位ルートが表示されます。
      •  共有されているチーム フォルダ内の各サブフォルダには、独自の行があります。つまり、これらのフォルダとそこに含まれるコンテンツは、レポートのルート チーム フォルダ行にはありません。 チーム フォルダの合計サイズには、そのフォルダに含まれるコンテンツすべてと、そのすべての共有サブフォルダが含まれます。
    • プライベート コンテンツ: これはチーム メンバーの個人用スペースです。パスはチーム メンバーの名前になります。これには、個人用スペースに追加したすべてのファイルが含まれ、Dropbox Backup の機能を有効にしている場合は、そのストレージも含まれます。
    • 使用停止中の非公開コンテンツ:これらの個人用スペースは使用停止となっているチーム メンバーに属します。
    • アプリのサンドボックス フォルダ:サードパーティの統合または Dropbox API を使用して作成されたフォルダです。
    • アーカイブされたチーム フォルダ:アーカイブ済みで、ストレージ容量にカウントされるフォルダです。
    • 削除された個人用コンテンツ ストレージがまだ別のチーム メンバーに譲渡されていない、削除されたメンバーの個人用フォルダです。このコンテンツは、チームのストレージに対して引き続きカウントされます。
  • サイズ(MB):このパス内に含まれるデータの量です。このフォルダの各行を合計すると、現在使用されているストレージ容量の合計量がわかります。
  • フォルダ所有者 この列には、この行のフォルダの所有者が示されます。
    • 非公開のフォルダの場合は、そのチーム メンバーのメール アドレスが表示されます。このレポートに表示されるのは、レポートを実行したチーム メンバーの非公開フォルダのみです。
    • チーム フォルダの場合は、「チームが所有」と表示されます。
    • チーム フォルダ内にある共有フォルダの場合も、「チームが所有」と表示されます。
    • チームにとって外部の共有フォルダの場合、表示されるのはフォルダをチームと共有したユーザーのメール アドレスになります。
  • ファイル数 この列には、このパスに含まれるファイルの数が表示されます。

チーム ストレージのレポートを作成する方法

チーム ストレージ データを .csv ファイル形式で管理コンソールから直接エクスポートするには:

  1. dropbox.com で管理者の資格情報を使用してログインします。
  2. 管理コンソール]を開きます。
  3. コンテンツ]をクリックします。 
  4. 右側にある[チーム ストレージをエクスポート]をクリックします。
  5. エクスポートを開始]をクリックします。

生成が完了すると、Dropbox フォルダ「Dropbox Business レポート」にレポートが表示されます。名前は「YYYY-MM-DD/<チーム名>/<チーム ストレージ レポート>」になります。あなたが共有しない限り、他の誰もそれにアクセスすることはできません。レポートの準備ができるとメール通知が送られます。

highlight icon

注:チーム メンバーの人数が多い場合、レポートが生成されるまでに時間がかかることがあります。ただし、1 時間経ってもメール通知が届かない場合は、レポートの生成を再試行してみてください

この記事は役立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、改善が必要な点をご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどの程度役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。