チーム スペースとメンバー フォルダの概要

この記事で説明する機能は、一部の Dropbox Business チームでのみご利用いただけます。 

新しい Dropbox Business はチームでチーム スペースを共有します。チーム メンバーであれば誰でもチーム スペースにアクセスできます。また、全員に同じフォルダ構造で表示されます。チーム スペースには 2 つの異なる子フォルダがあります。

チーム フォルダ:チーム フォルダ内の各ファイルまたはフォルダは、それぞれ異なるユーザーと共有できます。チーム フォルダ内のファイルの閲覧や編集を他のユーザーに許可するかどうか選択できます。また、閲覧も編集もできないように制限することもできます。

チーム メンバー フォルダ:チーム メンバー フォルダは自分専用のフォルダです。チーム メンバー フォルダ内のファイルやフォルダを他のユーザーと共有するかどうか選択できます。

チームのフォルダ構造の設定方法についてご覧ください。 

この記事のセクション:

あなたの名前が付いた紫色のフォルダがチーム メンバー フォルダです。

チーム メンバー フォルダで共有する

共有フォルダ共有リンクを使用して、チーム メンバー フォルダ内のファイルやフォルダを共有できます。また、コンテンツのアクセス権も設定できます。 

チーム スペース外のフォルダに招待された場合は、そのフォルダを自分のチーム メンバー フォルダに追加できます。 フォルダへの招待にフォルダの追加先(チーム メンバー フォルダまたはチーム フォルダ)が表示されます。フォルダを追加すると、Dropbox アカウント内でフォルダのコンテンツにアクセスできるようになります。

注:自分のチーム メンバー フォルダでファイルやフォルダを共有する場合は、選択したファイルやフォルダだけが共有されます。 共有を選択しない限り、チーム メンバー フォルダ内のコンテンツが他のユーザーと共有されることはありません。

既存の Dropbox アカウントでチームに参加する 

既存の Dropbox アカウントで Dropbox Business チームに参加した場合、既存のファイルはすべてチーム メンバー フォルダに保存されます。チーム メンバーと共有するコンテンツはチーム スペースに移動してください。

チーム スペース

チーム スペースはチーム メンバー全員と共有されます。チーム スペースはチーム メンバー全員に同じフォルダ構造で表示されます。

チーム スペースで共有する

チーム メンバーであれば誰でもチーム スペースにアクセスできますが、全員がスペース内のコンテンツにアクセスできるわけではありません。フォルダごとにアクセス権限が異なります。

  • 編集可能: このフォルダ内のコンテンツの閲覧、編集、権限の管理ができます
  • 閲覧可能: このフォルダ内のコンテンツの閲覧ができます
  • アクセスなし: このフォルダ内のコンテンツは閲覧できません

デフォルトでは、あるフォルダの編集権限があれば、そのフォルダ内のすべてのフォルダについても編集権限があります。つまり、「デザイン」フォルダで編集権限があれば、「デザイン」フォルダ内の他のフォルダについても編集可能です。ただし、フォルダへのアクセスが制限されている場合は除きます。

あなたのファイルの閲覧権限と編集権限を持つユーザーを管理します。

チーム スペース内のフォルダへのアクセス権を変更する

フォルダを編集するための権限があれば、そのフォルダにアクセスできるユーザーを変更できます。

  1. dropbox.com にログインします。
  2. [ファイル]をクリックします。
  3. アクセス権を管理したいフォルダを見つけます。
  4. フォルダにカーソルを合わせて[共有]を選択します。 
    • テキスト ボックスにユーザーの名前やメール アドレスを入力して、共有するユーザーやグループを追加できます。メンバーを追加したら権限を選択して、[共有]をクリックします。
    • 名前の横にある[削除]をクリックすると、ユーザーやグループを個別に削除できます。

共有]ウィンドウでフォルダにアクセスできるユーザーと権限を確認できます。チーム メンバーやグループ名の横に[編集可能]または[閲覧可能]と表示されます。 

たとえば、デザイン チームのチーム スペースにデザイン グループだけがアクセスできる「デザイン」フォルダがあるとします。デザイン チームは「デザイン」フォルダ内のフォルダに特定のユーザーを招待できます。

フォルダへのアクセス権がないときのエラー メッセージ

アクセス権がないフォルダには灰色のマイナス記号が表示されます。アクセス権がないフォルダを開こうとすると、「フォルダ「(フォルダ名)」にはアクセスできません」というエラー メッセージが表示されます。

フォルダに対するアクセス権を持たない場合、このようなエラー メッセージが表示されます。

チーム スペースにファイルやフォルダを移動する
チーム メンバーと管理者は次の要件を満たしている限り、チーム スペースに共有フォルダを移動することができます。

1)移動するフォルダの編集権限が許可されていること。これを確認するには次の手順に従ってください。

  1. フォルダの右側にある[管理]をクリックします。
  2. ユーザーまたはグループの右側にある[編集可能]の設定を確認します。

2)[アクセスを管理]が[フォルダのメンバー]になっていること。これを確認するには次の手順に従ってください。

  1. フォルダの右側にある[管理]をクリックします。
  2. フォルダ設定]をクリックします。
  3. アクセスを管理]の横にあるプルダウン メニューで[フォルダのメンバー]を確認します。

3)フォルダをチーム スペースに移動するユーザーと同じチームに参加しているユーザーがフォルダの所有者であること。

注:移動先の親フォルダへのアクセスがない場合、フォルダを移動することはできません。

チーム スペースからファイルやフォルダを移動する

チーム メンバーと管理者は次の要件を満たしている限り、チーム スペースから共有フォルダを移動することができます。

  • そのフォルダ内にネストした共有フォルダがない
  • そのフォルダとその中にあるフォルダが招待者のみに設定されていない
  • チーム メンバーまたは管理者に親フォルダへの編集権限が許可されている
  • チーム メンバーまたは管理者にそのフォルダへの編集権限が許可されている
  • フォルダの[メンバーシップを管理]設定が[Dropbox Business アカウント内で編集権限を持つメンバー全員]に設定されている
  • 外部との共有設定が[全員]に設定されている

注:移動先の親フォルダへのアクセスがない場合、フォルダを移動することはできません。

チーム スペース内のフォルダをコピーする

チーム スペース内のフォルダをコピーすると、フォルダ内のコンテンツがコピーされます。ただし、フォルダへの権限はコピーされません。自分が編集可能の権限を持っているチーム スペース内の場所にコピーしたフォルダを貼り付けると、新しい場所と同じ権限が適用されます。

たとえば、少人数のブランド チームがアクセスできる「新ロゴ デザイン」というフォルダがあるとします。「新ロゴ デザイン」フォルダをコピーしてあなたのチーム全員がアクセスできる「マーケティング」フォルダ内に貼り付けます。そうすると、あなたのチーム メンバーは全員「マーケティング」フォルダ内の「新ロゴ デザイン」(コピーしたフォルダ)にアクセスできるようになります。

フォルダに表示されるアイコンについて

Dropbox アカウントにあるフォルダのアイコンは、使用しているフォルダの種類を表しています。 

 

ビルのアイコンが付いているフォルダは Dropbox Business チーム全員または一部のメンバーと共有しているフォルダで、チーム スペースに含まれます。このフォルダはチーム外のユーザーと共有することも可能です。

 

ユーザーのアイコンが付いているパープルのフォルダはチーム メンバー フォルダに保存されています。チーム メンバー フォルダを閲覧できるのはあなただけです。チーム メンバー フォルダのコンテンツは共有することができます。

ブルー フォルダ

 

アイコンが付いていない青いフォルダは共有していないチーム メンバー フォルダに保存されているフォルダです。

注:こうしたフォルダのアイコンは閲覧している場所によって表示が異なります。こうしたアイコンは dropbox.com によるものです。

フォルダのアイコンに別のアイコンが表示される

2018 年 4 月 9 日以前にチーム スペースへのアクセスが許可されていた場合は、旧バージョンのアイコンが表示されることがあります。この記事でご紹介したアイコンとは別のアイコンがフォルダに表示されている場合は、まだ更新されていない可能性があります。

その場合は Dropbox フォルダを再同期すると新しいアイコンに更新することができます。フォルダを再同期するには、選択型同期を使用してデスクトップ アプリでフォルダの同期を解除してから、再び同期を行ってください。

チーム メンバー フォルダ

チーム メンバー フォルダは所有者のものです。そのフォルダ内のファイルやフォルダの共有を決めるのは所有者です。

チーム メンバー フォルダには所有者の名前が付けられ、この名前は変更することができません。たとえば、高橋希美さんのフォルダには「高橋希美」という名前が付けられます。

チーム メンバー フォルダは所有者のものですが、チーム管理者は管理コンソールからあなたのフォルダにアクセスしたり、メンバーのアカウントに代理ログインしたりできます。

チーム スペースの例

あなたは ABC 社という会社のデザイン部門で働いている高橋希美さんで、Dropbox Business チームに参加したばかりだとします。 

あなたの Dropbox アカウントには、「ABC 社」というチーム スペースがあります。「ABC 社」をクリックすると、フォルダがいくつか表示されます。 

  • 高橋希美:「高橋希美」はあなたのチーム メンバー フォルダです。 
  • デザイン:このフォルダには、デザイン プロジェクトのファイルとフォルダが含まれています。このフォルダ内のすべてのファイルにアクセスして閲覧できます。
  • マーケティング:「マーケティング」フォルダのアイコンには灰色のマイナス記号が付いています。「マーケティング」フォルダを開こうとすると、「フォルダ「マーケティング」にはアクセスできません」というエラー メッセージが表示されます。

チーム スペースの管理

管理者は、トップレベルのチーム スペースを編集できるユーザーを、すべてのメンバーか管理者のみに設定できます。トップレベルとは、dropbox.com でアカウントの[ファイル]セクションで一番最初に表示されるフォルダ セットのことです。 

この設定を変える方法は次のとおりです。

  1. 管理者用アカウントで dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4. コンテンツ]で[トップレベルの編集]をクリックします。
  5. プルダウン メニューからチームに適用する設定を選択します。
    • 全員:チーム メンバー全員がチーム スペースのトップレベルを編集できます。
    • 管理者のみ:管理者のみがチーム スペースのトップレベルを編集できます。チーム メンバーがチーム スペースのトップレベルにファイルやフォルダを追加することはできません。
  6. 保存]をクリックします。

管理者のみ]を選択すると、[コンテンツ]タブを使ってチーム スペースでコンテンツの追加、移動、削除、名前の変更ができます。 

全員]を選択すると、[コンテンツ]タブ、dropbox.com、デスクトップ アプリでチーム スペースのトップレベルを編集できます。

コンテンツ マネージャー

コンテンツ マネージャーで、チーム スペースのフォルダ構造を整理できます。また、チーム管理者はコンテンツ マネージャーから共有コンテンツのメンバーシップを管理できます。 

チームの共有スペースでトップレベル フォルダを作成する:

  1. 管理者用アカウントで dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. コンテンツ]をクリックします。
  4. 新規フォルダ]をクリックします。
  5. このフォルダへのアクセスを許可するユーザーを指定します。チーム メンバー全員か特定のメンバーのいずれかを選択します。
  6. メンバーのチーム フォルダ内のコンテンツでの権限を指定します。[編集可能]か[閲覧可能]のいずれかを選択します。

フォルダへのアクセスを管理する:

  1. 管理者用アカウントで dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. コンテンツ]をクリックします。
  4. アクセスを管理するフォルダの横にある[管理]をクリックします。
  5. 表示される画面で、編集したいグループやユーザーを見つけます。
  6. プルダウン メニューをクリックして、[編集可能]、[閲覧可能]、[削除]のいずれかを選択します。

チーム メンバー フォルダ

代理ログイン機能か[メンバー]の[コンテンツ]タブでチーム メンバー フォルダにアクセスできます。 

チーム スペースやメンバーフォルダのサポート、Dropbox Business プランやトライアル版のキャンセルは Dropbox サポートにお問い合わせください。
この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。