ロック状態とは?

トライアル期間が終了した場合またはアカウントをダウングレードした場合、チームがロック状態になります。ロック状態になるとコンテンツへのアクセス権が読み取り専用に限られるほか、次のようになります。

  • ファイルの同期が停止する
  • 新しいファイルやフォルダの作成およびアップロードが一切できなくなる
  • ファイル リクエストや移行指示など、ほとんどのプレミアム機能が無効になる
  • ただし、ファイルが削除されることはないため、チーム メンバーは引き続きファイルにアクセスすることができる

ロック状態を解除する方法

チーム メンバーの方には、以下の 2 つの選択肢があります。

チーム管理者の場合は、加入プランをアップグレードするか、チームを解散することができます。チームの一貫性を維持するためにも、チーム管理者が速やかに対応されることをおすすめいたします。チームがロック状態になった段階で、メンバーはチームを退会することができます。

ロック状態になっている加入プランをアップグレードする

  1. 管理者のアカウント情報を使用して dropbox.com にログインします。
  2. 画面上部に表示されている赤色のバナーの[次のステップを見る]をクリックします。
  3. 青色の[Dropbox Business を今後も利用する]ボタンをクリックします。
  4. Dropbox Business プラン]を選択します。
  5. お支払い情報を入力します。
    1. 注:アップグレードする前に、チーム コンテンツにアクセスする必要のないユーザーを削除しておくと、ライセンス料金を抑えることができます。また、必要としないユーザーに送信した承認待ちの招待もキャンセルすることができます。
  6. 購入プロセスを完了]をクリックします。

ロック状態でチームを退会したユーザーがいる場合、アップグレードが完了してからそのメンバーを招待し直す必要があります。このようなメンバーがチームに参加するには、この招待を承諾する必要があります。

チームを解散する

チーム管理者がチームを解散すると、チーム メンバー全員のアカウントが個人用 Dropbox アカウントに切り替わります。チーム管理者にはチームのすべてのコンテンツのコピーが届きますが、チーム管理者以外のチーム メンバー全員はチームのコンテンツに一切アクセスできなくなります。ただし、各自が所有するファイルやフォルダには引き続きアクセスできます。

上記以外にも、チームを解散すると次のようになります。

  • チーム構造が削除される
  • チーム スペース以外の場所に保存されている共有フォルダの共有関係は保持される
  • 承認待ちの招待が削除される
  • 使用停止中のユーザーが削除される
  • チームが所有するコンテンツの共有リンクが無効になる。ただし、共有フォルダ/ファイルのリンクは無効にならない
  • 削除されたチーム メンバーが作成したチーム コンテンツが完全に削除される
  • アーカイブ済みのフォルダが削除される
  • 削除されたファイルとフォルダが復元できなくなる

チームを解散する手順は次のとおりです。

  1. 管理者のアカウント情報を使用して dropbox.com にログインします。
  2. ロック状態の決定]ページを開きます。
  3. Dropbox Business をキャンセルしてチームを解散する]をクリックします。
  4. チームを完全に解散することを確定するチェックボックスをオンにします。
  5. チームを解散]をクリックします。

チームを再度作成する

以前にチームを解散したことがある場合は、新たに別のチームを作成するときに、以前に解散したチームを再度作成するかどうか尋ねられることがあります。この場合は、トライアル版 Dropbox のチーム メンバーであったユーザーを再度招待することができます。

チームを再度作成する手順は次のとおりです。

  1. ウェブ ブラウザで dropbox.com/business/buy を開きます。[チームを再度作成する]ページにリダイレクトされます。
  2. チームの情報(チーム名、電話番号、会社規模)を更新します。
  3. 再び招待するメンバーを選択します。
  4. 続行]をクリックします。
  5. Standard]または[Advanced]のいずれかのプランを選択します。
  6. お支払い方法として、年間払いと月間払いのどちらかを選択します。
  7. お支払い情報を入力します。
  8. 利用規約を確認し、[Dropbox Business の契約書と規約に同意します。]のチェックボックスをオンにします。
  9. 購入プロセスを完了]をクリックします。

 

なお、以前にあなたのチームに参加していたメンバーが別の新しい Dropbox Business チームに参加済みの場合、そのメンバーをあなたのチームに再度招待することはできません。

何の対応もしない場合

何も対応しないと、チームはいつまでもロック状態のままとなります。メンバー全員は引き続き読み取り専用権限でファイルにアクセスできますが、共同編集をすることはできません。なお、チーム メンバーは自分からグループを退会することができます。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。