Dropbox Paper:Dropbox Business チーム向けの管理者設定

Dropbox Business チーム管理者は、チームで利用する Dropbox Paper のプライバシー設定と共有設定を管理できます。

注:チームで Dropbox Paper の 2020 リリースを利用中の場合は、この下にある 1 つ目のボックス内の手順に沿って設定してください。旧リリース版の Paper を利用中の場合は、2 つ目のボックス内の手順に沿って設定してください。

チームが利用しているリリースを確認するには:

  1. 管理者のアカウント情報を使用して dropbox.com にログインします。
  2. ファイルを新規作成]をクリックします。
  • プルダウン メニューに Dropbox Paper が表示されない場合は、旧リリース版を利用中です。
  • プルダウン メニューに Dropbox Paper が表示される場合は、Dropbox Paper の 2020 リリースを利用中です。

2020 リリースは今後数か月にわたり Dropbox を利用中の全ユーザーに向けてリリースされる予定です。本リリースの利用可能時期については、準備が整った時点で Dropbox からメールが送信されますので、そちらをご覧ください。

詳しくは、チーム管理者向けにまとめた Dropbox Paper の 2020 リリースに関するよくある質問をご覧ください。

Dropbox Paper の 2020 リリースの管理者

Dropbox Paper の 2020 リリースを利用中の Dropbox Business チーム管理者向けの説明です。この記事の上部に記載された手順に沿って、利用中のリリースを確認してください。

Paper の 2020 リリースでは、通常の Dropbox ファイルと同じように Paper ドキュメントをお使いいただけます。そのため、Paper ドキュメントの管理者向け設定は通常の Dropbox ファイルの設定と同じです。こちらで通常の Dropbox ファイルの共有設定とプライバシー設定の管理方法をご覧ください。Paper ドキュメントでも同じ方法で管理できます。

Paper の 2020 リリースでも変更されていない管理者向け機能もあります。

2020 リリース:Paper ドキュメントの作成と編集をオフにする

2020 リリースでは旧リリース版と違い、チームで Paper ドキュメントを完全に無効にすることはできませんが、チーム メンバーによる Paper ドキュメントの作成と編集を無効にすることはできます。無効にした後も既存の Paper ドキュメントへのアクセスと閲覧は可能です。

チームによる Paper ドキュメントの作成と編集をオフにするには:

  1. 管理者のアカウント情報を使用して dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]を開きます。
  3. 設定]をクリックします。 
  4. [ファイル編集]アプリをクリックします。
  5. Dropbox Paper の横にある[作成と編集]または[閲覧のみ]を選択します。

その他のリソース

Dropbox Paper の 2020 リリースについて:

旧リリース版の Dropbox Paper の管理者

旧リリース版の Dropbox Paper を利用中の Dropbox Business チーム管理者向けの説明です。この記事の上部に記載された手順に沿って、利用中のリリースを確認してください。

Paper を有効または無効にする

チームで Dropbox Paper をオンまたはオフにするには:

  1. 管理者用アカウントで dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]を開きます。
  3. 設定]タブを開きます。
  4. 詳細設定]で[Paper]を選択します
  5. Paper を有効にする]をオンまたはオフに切り替えます。
  6. Paper を有効にする前に、Dropbox の利用規約に同意します。
  7. 変更を適用]をクリックします。

注:2017 年 8 月 7 日以降に作成された Standard および Advanced の Dropbox Business チームでは、デフォルトで Dropbox Paper が有効になっています。

すべての Paper ドキュメントをエクスポートする

Paper を無効にする際には、Paper ドキュメントを Word ファイルまたは Markdown ファイルとしてエクスポートすることができます。ドキュメントをエクスポートするには、次の手順に従ってください。

  1. Paper を無効にしてから[# 件のドキュメントをエクスポート]をクリックします。
  2. ファイル形式を選択して[ダウンロード]をクリックします。
  3. エクスポートが完了すると、選択したファイル形式に変換された Paper ドキュメントが添付されたメールが届きます。このメールで[ドキュメントをダウンロード]をクリックします。

チーム メンバーが所有するアクティブなドキュメントはすべてエクスポートされます。削除済みのドキュメントはエクスポートされません。

チーム限定共有

Dropbox Business チームの管理者は、チーム メンバーが Paper ドキュメントを共有できる相手を指定することができます。また、管理者はチーム外のユーザーとの共有を有効にしたり、Dropbox チームのみに制限したりすることもできます。 共有をチーム内だけに制限する方法は次のとおりです。

  1. 管理者用アカウントで dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]を開きます。
  3. 設定]タブを開きます。
  4. 詳細設定]で[Paper]を選択します
  5. Paper ドキュメントをチーム外と共有する]をオンまたはオフに切り替えます。
  6. 変更を適用]をクリックします。

この設定は遡って適用されることはありません。設定を変更後に共有したドキュメントにのみ適用されます。チーム外のユーザーと共有したドキュメントを確認するには、アクティビティ レポートをご覧ください。

注:この設定をオフにすると、チーム メンバーがチーム外のユーザーと共有している外部フォルダでもドキュメントを作成できなくなります。

デフォルトの Paper ドキュメント プライバシー

管理者は Paper ドキュメントへのリンクのデフォルトのプライバシー設定を選択することができます。デフォルトの Paper ドキュメント プライバシーを切り替える方法は次のとおりです。

  1. 管理者用アカウントで dropbox.com にログインします
  2. 管理コンソール]を開きます。
  3. 設定]タブを開きます。
  4. 詳細設定]で[Paper]を選択します
  5. デフォルトの共有設定]の横にある[リンクを知っている全ユーザー]、[リンクを所有しているメンバー]、[外部との共有を無効にする]のいずれかを選択します。
    • リンクを知っている全ユーザー]を選択すると、チーム メンバーかどうかにかかわらず、リンクを知っていれば誰でもドキュメントを開くことができます。
    • リンクを所有しているメンバー]を選択すると、ドキュメントを開くことができるのはリンクを所有しているチーム メンバーのみとなります。リンクを所有していてもメンバーでない場合、ドキュメントを開くことはできません。
    • 外部との共有を無効にする]を選択すると、チーム メンバーはチーム外のユーザーとドキュメントを共有できなくなります。

完全削除の管理

デフォルトでは、作成者がドキュメントやフォルダをアーカイブした後に完全に削除することができます。

Dropbox Business チームのチーム管理者は、Paper ドキュメントの完全削除をチーム管理者のみに制限することができます。完全に削除されることを防ぐには、チーム管理者がチームによる削除を[オフ]に設定してください。

注:削除設定が[オフ]に設定されている場合は、チーム管理者がユーザーの代理ログインでログインすると、ファイルを完全に削除できます。ユーザーの代理ログインの方法は以下をご覧ください。

注:この設定は Dropbox に保存されているファイルと Paper ドキュメントに適用されます。

ユーザーの代理ログイン

Dropbox Business チームのチーム管理者は、チーム メンバーとして代理ログインができます。代理ログインすると、次の操作ができます。

  • Paper ドキュメントやフォルダを閲覧する
  • ドキュメントやフォルダを他のユーザーと共有する
  • Paper ドキュメントやフォルダを移動する
  • アーカイブした Paper ドキュメントを復元する
  • Paper ドキュメントをアーカイブ、完全削除する

管理者がドキュメントを作成、編集したり、ドキュメントにコメントしたりすることはできません。

代理ログインをして、チーム メンバーの Paper アカウントにアクセスする:

  1. 管理者用アカウントで dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]を開きます。
  3. [メンバー]ページを開きます。
  4. ログインするチーム メンバー名の横にある歯車のアイコンをクリックします。
  5. ユーザーの代理ログイン]をクリックします。
  6. 選択したユーザーとしてログインするか確認し、[ログイン]をクリックします。
  7. Paper]タブをクリックします。
  8. 完了したら、[ログアウト]をクリックします。

注:管理者が行った操作はすべてアクティビティ ログに記録されます。

Paper ドキュメントでのチームのアクティビティを確認する

アクティビティ]ページには、チームの最近のアクティビティの概要が表示されます。管理者は[アクティビティ]ページで特定の Paper アクティビティを選択したり、すべてのアクティビティを記録したレポートをダウンロードしたりできます。

記録される Paper のイベント:

  • ドキュメントの作成と編集
  • ドキュメントへのコメントとコメントの解決
  • チーム メンバーやチーム外のユーザーとのドキュメントの共有
  • ドキュメントのアーカイブや完全削除
  • チーム メンバーやチーム外のユーザーからのドキュメントへのアクセス リクエスト
  • チーム メンバーやチーム外のユーザーによるドキュメントの閲覧
  • 共有ポリシーの変更

詳しくは、チーム アクティビティを確認する方法をご覧ください。

Dropbox Business チームの Paper でのセキュリティ制限

Dropbox Business チームのセキュリティ オプションの中には、Dropbox Paper では利用できないものがあります。Dropbox Paper を使用するチームが利用できないオプションについては、以下をご覧ください。

Dropbox Paper が対応していない規格と規制

Dropbox Paper はこれらの規格と規制の対象には含まれていません。

  • ドイツ BSI C5

これらの規格に対する Dropbox コンプライアンスの詳細

デバイスの承認は Paper モバイル アプリに含まれていません。

デバイスの承認とは、Advanced プランと Enterprise プランを利用中の Dropbox Business チーム向けのセキュリティ機能とアクセス機能のことです。デバイスの承認を使用すると、チーム メンバーが Dropbox Business アカウントへのアクセスに使用するデバイスを管理者が管理できます。Dropbox Paper モバイル アプリはデバイスの承認の対象外です。

エンタープライズ モビリティ管理は Paper モバイル アプリに含まれていません。

エンタープライズ モビリティ管理(EMM)とは、Enterprise プランを利用中の Dropbox Business チーム向けの機能のことで、企業のアプリ、ネットワーク、デバイスでモバイル デバイスの使用を管理できます。Dropbox Paper モバイル アプリは EMM の管理対象外です。

ネットワーク制御は Paper に含まれていません。

ネットワーク制御とは、Enterprise プランを利用中の Dropbox Business チームが利用できるセキュリティ機能とアクセス機能のことです。この機能を利用すると、IT 管理者は企業ネットワーク上で使用する Dropbox アカウントを指定できます。現在、Dropbox Paper はネットワーク制御の管理対象外です。

Paper モバイル アプリから遠隔操作でチーム メンバーのアカウントをリンク解除する

チーム管理者は、Paper チーム メンバー アカウントから遠隔操作でメンバーのデバイスをリンク解除できます。リンクを解除するとチーム メンバーはチーム ファイルにアクセスできなくなります。

  1. 管理者用アカウントで dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. メンバー]をクリックします。
  4. リンクを解除するデバイスを所有しているメンバーの名前をクリックします。
  5. Paper モバイル デバイス]で、リンクをクリックして Paper とモバイル デバイスのリンクをすべて解除します。
この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。