同期できない場合 - 互換性のない特殊文字と不良なファイル名に関する問題の解決方法

ファイルが正しく同期されているか確かめるには、次の 3 つをご確認ください。

  • ご利用のパソコン、スマートフォンまたはタブレットがインターネットに接続されていること
  • それらのデバイスで同じ Dropbox アカウントにログインしていること
  • ファイルまたはフォルダがご利用のパソコンの「Dropbox」フォルダに保存されていること

パソコンがオンラインで同期をしているのにファイルが正しく表示されない場合は、ファイル自体の名前に問題があると考えられます。ファイル名に問題があっても dropbox.com に同期することは可能ですが、パソコンの「Dropbox」フォルダに表示されなかったり、互換性のないオペレーティング システムでは正常に機能しない場合があります。

不良ファイルが 1 つ以上見つかった場合、いくつか原因が考えられますが、よくある不良ファイルの例は以下の通りです。

すべてのオペレーティング システムで互換性のない記号

ファイル名に次のいずれかの特殊文字が含まれており、ファイルが同期されない場合は、ファイル名から互換性のない特殊文字を削除してください。これがもっとも簡単な解決方法になります。

  • /(フォワードスラッシュ)
  • \(バックスラッシュ)

今後このような同期問題を避けるには、Dropbox が一部のプラットフォームで同期できない原因となる特殊文字をファイル名に使用しないでください。

Windows で互換性のない特殊文字

ファイル名に次のいずれかの特殊文字が含まれており、Windows でファイルが同期されない場合は、ファイル名から互換性のない特殊文字を削除してください。これがもっとも簡単な解決方法になります。 

  • <(それ以下)
  • >(それ以上)
  • :(コロン)
  • "(二重引用符)
  • |(垂直線)
  • ?(クエスチョンマーク)
  • *(星印)
  • .(ピリオド)またはファイル名やフォルダ名の末尾の空白

今後このような同期問題を避けるには、Windows のファイル システムと互換性がない特殊文字をファイル名に使用しないでください。

Windows で使用できないファイル名

Windows には有効なファイル名として使用できない予約語があります。dropbox.com または Windows 以外のデバイスでファイルやフォルダを作成し名前を付ける際に予約語が含まれていると、Windows パソコンでファイルを Dropbox と同期することができません。ファイル名に使用できない予約語のリストについては、Windows デベロッパー ネットワークにある「名前付け規則」の項目をご覧ください。

無視されるファイルの種類

次のようなサイズの小さいシステム ファイルは Dropbox で同期されない場合があります。

  • desktop.ini
  • thumbs.db
  • .ds_store
  • icon\r
  • .dropbox
  • .dropbox.attr

最大文字数

同期問題が発生していて、ファイル名の文字数が 260 文字を超えている場合は、元のファイル名を短くしてください。これがもっとも簡単な解決方法になります。

注: 

  • Microsoft Excel など、一部のアプリケーションの文字数の上限は異なります(218 文字)。
  • Windows ではファイル パスも名前の一部としてカウントされます。たとえば、次のサンプル ファイル名は 142 文字とみなされます。

C:\Users\Panda\My Documents\Dropbox\Creative Nonfiction\My Autobiography\Favorite Things\Favorite Foods\Bamboo\Family Recipes\Fresh Leaves.doc

Mac と Linux の最初の文字列

ピリオドで始まるファイル名やフォルダ名(例:.myfile.doc) は正確に同期され、パソコンの Dropbox フォルダに保存されます。ただし、Mac と Linux のオペレーティング システムでは、ピリオドで始まるファイル名はシステム ファイルとして認識されるため、自動的に非表示にされます。この場合は、パソコンで詳細設定を変更する必要があります。または dropbox.com にログインして、ファイル名やフォルダ名を変更します(例:_myfolder)。

終了文字

ファイル名やフォルダ名がピリオド(.)で終わる場合、オペレーティング システム間で正確に同期されません。ファイル名が file.txt. のようにピリオドで終わる場合、ファイルは同期せず不良ファイル チェックに表示されます

テンポラリ ファイル

場合によっては、アプリケーション(Microsoft Word、Excel、PowerPoint など)がファイルを開く際に、同じディレクトリにテンポラリ ファイルを保存し、次のようなファイル名を付けることがあります。

  • ファイル名が ~$(~ と$)または . ~ (ピリオドと ~)で始まる
  • ファイル名が ~ で始まり .tmp で終わる(例)~myfile.tmp

Dropbox はいずれのオペレーティング システムでもテンポラリ ファイルを同期しません。

メタデータとリソース フォーク

メタデータ(またはリソース フォーク)を使用するファイルの同期は避けてください。Mac エイリアス、Windows ショートカットもその対象になります。通常、そうした種類のファイルは作成されたオペレーティング システムでのみ機能するようになっています。

ジャンクション ポイント

Dropbox は Windows ジャンクション ポイントに従い、リンクしているファイルやフォルダと同期するようになっています。ただし、Windows オペレーティング システムでファイルやフォルダを編集した場合、Dropbox デスクトップ アプリが再起動するまで再び同期することはありません。これを回避するには、元のフォルダを Dropbox に移動し、以前の場所でジャンクション ポイントを追加して Dropbox フォルダの新しい場所にリンクしてください。

リパース ポイント

稀ではありますが、Windows がリパース ポイントという拡張属性の特定のタイプをファイルまたはフォルダに追加することがあります。Dropbox デスクトップ アプリは、この属性のファイルまたはフォルダを同期できません。

ファイルまたはフォルダに赤い[X]が表示されている場合、リパース ポイントに起因している可能性があります。各ファイルでこの問題を修正するには、同じタイプのファイルを新規作成し、同期できないファイルのコンテンツをコピーして新たに作成したファイルに貼り付けてから保存してください。フォルダでこの問題を修正するには、新規フォルダを作成し、同期できないフォルダ内のコンテンツをコピーして、新たに作成したフォルダに貼り付けます。

リパース ポイントが複数のファイルとフォルダに生じている可能性があります。その場合は、上記の解決方法を数回実行する必要があります。問題が引き続き発生する場合は、Microsoft サポート チームにお問い合わせください。

メタデータと FAT32 ドライブに関する注意

ドキュメントによっては、ファイルに添付されているデータにファイル属性(xattr)が含まれている場合があります。このようなデータを「メタデータ」と呼びます。オペレーティング システムはさまざまな方法でメタデータを使用します。その例としてはアイコン保存、ドキュメントのラベル付け、ファイルへの情報の添付、許可権などがあります。Dropbox はすべてのプラットフォームで xattrs をサポートしていますが、ただし、FAT32 ファイル システムを使用する USB メモリやポータブル ドライブはメタデータをサポートしていません。Dropbox が FAT32 ドライブ上にある場合は、ファイルを移動したり、ファイル名を変更したりすると、メタデータは失われます。

Linux で 1 万件以上のフォルダを監視する

Linux 版の Dropbox デスクトップ アプリは、デフォルト設定により 1 万件以上のフォルダを監視することはできません。制限数を超えた場合は監視されないため、同期中に無視されます。簡単な回避策として、まずターミナルを開き、次を入力してください。

echo fs.inotify.max_user_watches=100000 | sudo tee -a /etc/sysctl.conf; sudo sysctl -p

このコマンドでシステムに 10 万件までのフォルダを監視するように指示することができます。コマンドを入力しパスワードを入力したら、すぐに Dropbox が同期を再開します。

Linux で拡張属性(xattr)サポートをオンにする

Linux ディストリビューションの中には、デフォルト設定で拡張属性(xattrs)をオフにしている場合があります。ext3 または ext4 ファイル システム付きの Linux ディストリビューションを実行している場合は、/etc/fstab 設定ファイルでxattr サポートをオンにできる場合があります。手順については、ご利用の Linux ディストリビューションのドキュメントを参照してください。

Dropbox での参照ファイルの使用

Dropbox フォルダに参照ファイル(シンボリック リンク、接合ポイント、ネットワーク フォルダ)を追加する方法はおすすめできません。参照ファイルを使用すると CPU 使用率の増加、同期パフォーマンスの低下、権限に関する問題、容量使用の差異の原因となります。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。