Dropbox Signと NOM 151 への準拠

更新 Apr 24, 2024
NOM 151(Normativa 151)は、電子ドキュメントの完全性を保証するメキシコの規格です。 この規格により、ドキュメントが署名後に変更されていないことを証明するデータ保持証明書が提供され、あらゆるトランザクションに対するドキュメントの完全性と信頼性が確認されます。

NOM 151 は Dropbox Sign とどのような形で機能しますか?

Edicom のパートナーである eID Easy とのインテグレーション(統合)により、 Dropbox Sign はメキシコの Dropbox Sign ウェブ ユーザーと API ユーザーの両方に対する NOM 151 への準拠をサポートします。このインテグレーションを通じて、元の署名済みドキュメントとは別に、NOM 151 規制に従ってその整合性を検証する 2 番目の証明書が作成されます。

NOM 151 により、メキシコで電子署名されたドキュメントに信頼層が追加され、ドキュメントが改ざんされていないことが証明されます。 Dropbox SignとeID Easy のインテグレーションを活用することで、ユーザーは NOM 151 標準に準拠していることを確認できるので、安心してドキュメントに署名し、共有することができます。

ハイライター アイコン注:

  • NOM151 の証明書によって元のドキュメントが変更されることはありません。
  • 証明書は一意の ID が割り当てられ、メキシコでは法的ドキュメントとして登録されます。

この記事は役立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、改善が必要な点をご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどの程度役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答